Academic Alpine Club of
Hokkaido
     
 
AACH本家 全アーカイブ アルバムリスト カレンダー お気に入り 検索
 
 

Home > ホームページ > ホームページ用2006年

タイトル  +   - 
ファイル名  +   - 
日付  +   - 
ポジション  +   - 
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1143980892.jpg越後・守門岳スキー山行Co950m位の急斜面は、シートラしてツボで登った。凍った雪の上に新雪が積もっており、凍った雪までしっかり蹴り込まないとずり落ちて、小雪崩を誘発しそうだ。写真は、急斜面を登り終えた石橋兄と青空と樹氷。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1143980939.jpg越後・守門岳スキー山行Co1190m付近で稜線に出る。杉崎氏(写真左)と石橋兄(写真右)。南側(写真背景)には、越後三山から谷川連峰までを望むことができる。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1143980978.jpg越後・守門岳スキー山行守門岳へ向けて、越後三山や谷川連峰を背に、シール登高する石橋兄。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1143981031.jpg越後・守門岳スキー山行守門岳(袴岳)山頂にて。杉崎氏(左)と石橋兄(右)。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1143981098.jpg越後・守門岳スキー山行守門岳(袴岳)山頂から、雪庇の発達した大岳への稜線を望む。山森(左)と石橋兄(右)。二分から大岳(1432.4m)へ登るルートもスキーが快調らしい。立ち読みした「山と渓谷4月号」では、「守門岳 雪庇の張り出しから豪快にダウンヒル」と題して、このコースが紹介されており、大岳の雪庇からスキー滑降する写真が載っていた。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1143981144.jpg越後・守門岳スキー山行守門岳頂上からのスキー滑降は快調だ。石橋兄と杉崎氏はテレマーク、私は山スキーで、ターンを刻んでいく。写真はテレマークの石橋兄で、後ろに見えるのが守門岳山頂。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1143981454.jpg越後・守門岳スキー山行Co1190mの稜線下降点からは、雪崩を誘発したり、雪庇を踏み抜いたりしないように慎重に下る。特にCo950m付近のシートラで登った付近は、白いところは雪崩そうなので、ブッシュ帯を斜滑降とキックターンで慎重に下る。Co850m付近から、支尾根を使って東側の沢に降りた。写真は、支尾根をテレマークターンで滑降する杉崎氏。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1143981503.jpg越後・守門岳スキー山行沢は直滑降で滑るか滑らないかの緩やかな斜度。私も踵を解放(ヒールフリー)して、クロスカントリー状態。途中で林道を使ってスキー場の中腹に出て、ゲレンデを滑って駐車場へ下山。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1143981717.jpg越後・守門岳スキー山行お決まりの温泉は、五味沢の浅草山荘(日帰り入浴600円)。風呂の大きなガラス窓からは、当初行く予定だった下黒姫沢方面が良く見えた。いつの日か再チャレンジをしよう。ここは浅草岳(1585.5m)への登山口にもなっている。浅草岳には、1999年のGWに、斎藤清克(87入部)と2人で、会津(只見)側からスキー登山した。石橋兄も会津側からはスキー登山したことがあるそうだ。こちら(越後)側からもいつか登ろうと思う。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1144233711.jpg第47回OneDay里山Hike第47回OneDay里山Hike 鶴島御前山お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1144233910.jpg第47回OneDay里山Hike第47回OneDay里山Hike 鶴島御前山お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1144233997.jpg第47回OneDay里山Hike桂川の向こうに御前山(右端)お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1144234059.jpg第47回OneDay里山Hike第47回OneDay里山Hike 鶴島御前山お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1144829855.jpgニペソツニペソツお気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1145198490.jpg東北・会津駒ヶ岳スキー山行東京組の4人は、金曜日の夜22:00に、目黒区の石橋兄邸前を石橋兄号で出発。道の駅たじま着2:00。テントを張りC0。銭谷は仙台を23:00に出発し、道の駅たじま着3:00、車中で仮眠。6:00に出発し、7:00に桧枝岐の滝沢橋(登山口)着。ここで、石川ヤンケが体調不良で山行を断念。小3の長男が風邪で高熱を出していたそうで、それがうつったらしい。残念だが、車の中で寝ていてもらう。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1145198576.jpg東北・会津駒ヶ岳スキー山行このコースは、山スキーの人気コースのようで、準備をしていると、次々と他のパーティも車で到着する。最終的には、この日は、約10パーティ20数名が同じコースで登頂したと思われる。登山口には、「登山者の皆様へお願い」と題し、「先週(4/8土)に入山した方(59歳男性)が現在も行方不明で、心当たりがあれば、南会津警察署か桧枝岐村役場に連絡して欲しい」という趣旨の看板が立っている。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1145198613.jpg東北・会津駒ヶ岳スキー山行林道はショートカットして沢沿いを進む(写真)。Co1100m付近で再度林道に合流するが、取付点にハシゴがあるという夏道尾根にはとりつかず、Co1300付近まで夏道尾根の南側の沢を詰めた。沢には表層雪崩と思われるデブリが残っているが、この日の雪の状態は安定していた。Co1370m付近の夏道尾根と合流するところで休憩。電波塔(共同アンテナ)がある。ここからしばらくは美しいブナの森を登る。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1145198668.jpg東北・会津駒ヶ岳スキー山行駒の小屋から山頂までは、真っ白で風が強い。景色は最高。写真は、燧ヶ岳(左)、至仏山(中央)、平ヶ岳(右)の尾瀬の名峰(いずれも百名山)を眺めながら会津駒ヶ岳山頂(これも百名山)へシール登高する石橋兄。私は燧ヶ岳(1999年GW)と至仏山(2005GW)はスキーで登ったが、平ヶ岳はまだ登ったことがない。鳩待峠から平ヶ岳までは是非行きたいルートだが、やはり相当距離がありそうだ。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1145198769.jpg東北・会津駒ヶ岳スキー山行駒ヶ岳山頂で登頂を祝って固い握手。中門岳方面に北側へ延びる尾根をバックに記念撮影(写真)。石橋兄と2週間前にスキーで登った、越後・守門岳も遠くに見える。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1145198802.jpg東北・会津駒ヶ岳スキー山行山森、石橋、清原の3名は会津駒ヶ岳へは初登頂だ。銭谷は、現役1年目の春山メイン山行で、武尊山から平ヶ岳、燧ヶ岳、会津駒まで縦走して以来、17年振り2回目の登頂だそうだ。石川ヤンケも17年前の春山メイン山行のゴールに会津駒ヶ岳を銭谷と一緒に登頂しているそうだが、今回は残念ながら登山口の車の中で寝て待機している。本当に可哀想だ。お気に入りに追加

ファイル数 327 / 17ページ中 8

RSS feed
 
 
北大山岳部・山の会 © 2000-2010 記事・写真の無断転載を禁じます。
Academic Alpine Club of Hokkaido © 2000-2010 All rights reserved. No reproduction or reproduction without written permission.
Avalanche style by What Is Real © 2004
Converted by DaMysterious © 2006