Academic Alpine Club of
Hokkaido
     
 
AACH本家 全アーカイブ アルバムリスト カレンダー お気に入り 検索
 
 

Home > ホームページ > ホームページ用2007年

タイトル  +   - 
ファイル名  +   - 
日付  +   - 
ポジション  +   - 
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1172317517.jpg頚城山塊・妙高(三田原山〜前山)スキー山行松木号で、妙高国際スキー場(登山口)へ行って、山森号を回収。お決まりの温泉は、妙高市営の妙高高原ふれあい会館(450-)。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1172317532.jpg頚城山塊・妙高(三田原山〜前山)スキー山行松木邸では、松木さんの家族も加わり、大宴会。自家製の手打ちそばもごちそうになる。あたたかい布団でぐっすりと眠らせてもらう。翌日は、あいにくの雨のため、黒姫山への山行は中止とする。地元の山岳会で山スキーに登攀に活躍しているという松木さんのお姉さん宅を訪問し、楽しい話を聞かせてもらい、東京へ帰った。これからも、年1回位は、松木家にお世話になって、頚城山塊の山スキーを楽しむことにしよう。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1173047826.jpg林道から七ッ岳。登ったのは右側のコルから。林道から七ッ岳。登ったのは右側のコルから。

天の川、上ノ沢林道より大沼経由往復
米山悟(84年入部)、野入善史(95年入部)、松田圭史(水産WVOB)
3月3ー4日
お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1173048054.jpg焚き火焚き火
天の川、上ノ沢林道より大沼経由七ツ岳往復
米山悟(84年入部)、野入善史(95年入部)、松田圭史(水産WVOB)
3月3ー4日
お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1173048187.jpg霧に沈む七ッ岳大沼とブナ林。急斜面のシートラ霧に沈む七ッ岳大沼とブナ林。急斜面のシートラ
天の川、上ノ沢林道より大沼経由七ツ岳往復
米山悟(84年入部)、野入善史(95年入部)、松田圭史(水産WVOB)
3月3ー4日
お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1173048332.jpg巨木とイグルー巨木とイグルー

天の川、上ノ沢林道より大沼経由七ツ岳往復
米山悟(84年入部)、野入善史(95年入部)、松田圭史(水産WVOB)
3月3ー4日
お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1173048510.jpg七ツ岳巨木の下のイグルーと三人
天の川、上ノ沢林道より大沼経由七ツ岳往復
米山悟(84年入部)、野入善史(95年入部)、松田圭史(水産WVOB)
3月3ー4日
お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1173886197.jpg一ノ倉一ノ沢左方ルンゼ左方ルンゼ取付積雪が少ないため、滝が例年より10m程高いお気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1173886296.jpg一ノ倉一ノ沢左方ルンゼF2お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1173886384.jpg一ノ倉一ノ沢左方ルンゼ核心部 F5 チムニー滝抜け口の氷が薄くて少々シビアー、おまけにスノーシャワーの洗礼を受けるお気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1173886520.jpg一ノ倉一ノ沢左方ルンゼF5を抜け上部草付帯を望むお気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1173886610.jpg一ノ倉一ノ沢左方ルンゼメガネ(風穴)から見下ろす一ノ倉出合満月の夜に、此処で笛を吹こうと思っていたが、底は急傾斜で一ノ沢に向かって落ち込んでいる、チョット無理かな!?お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1173886688.jpg一ノ倉一ノ沢左方ルンゼ奥壁と一ノ倉岳お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1173886749.jpg一ノ倉一ノ沢左方ルンゼ一、二ノ沢中間稜を行く狭苦しいルンゼから解放され、快適なナイフリッジを行くお気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1174704092.jpg東京支部「スキーの宴」2007 (那須連峰・三本槍岳スキー山行)3/17(土)の朝は、冬型の気圧配置ではあるもの、麓のモンゴリアンビレッジ付近からは、那須連峰全体を見渡すことができ、期待に胸が膨らむ。しかし、モンゴリアンビレッジで前日からの宿泊者と合流し、送迎バスでマウントジーンズスキー場に向かう頃には、那須連峰の上部はガスに覆われてしまった。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1174704113.jpg東京支部「スキーの宴」2007 (那須連峰・三本槍岳スキー山行)スキー場のフロントで、登山計画書を提出。ゴンドラ(1回券1000-、50歳以上は750-)の機動力を活用して、Co950mからCo1410mまで、標高差460mを、約10分で一気にあがる。ゴンドラ終点は小雪が舞っているものの、風はそんなに強くない。気温−5℃。三本槍岳スキー登山隊、中の大倉尾根:山スキーEnjoy隊、ゲレンデスキーEnjoy隊の3隊合同で記念撮影。(今村カケスさんの娘さん撮影。)お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1174704132.jpg東京支部「スキーの宴」2007 (那須連峰・三本槍岳スキー山行)中の大倉尾根下部を登る「三本槍岳スキー登山隊」。すぐ後ろには、「中の大倉尾根:山スキーEnjoy隊」が続いている。30歳前後もの年齢差がある大先輩の方々が、みなさん元気一杯に付いて来るのには、少々驚く。自分の30年後も、そうありたいと心から思う。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1174704149.jpg東京支部「スキーの宴」2007 (那須連峰・三本槍岳スキー山行)中の大倉尾根を登る、「中の大倉尾根:山スキーEnjoy隊」。 お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1174704166.jpg東京支部「スキーの宴」2007 (那須連峰・三本槍岳スキー山行)「三本槍岳スキー登山隊」が、Co1520m付近の森林限界で休憩していると、「中の大倉尾根:山スキーEnjoy隊」も到着した。小雪が舞う中、風も強くなってきて、この先は風を遮る樹林等がない。両隊が山の中で一緒だったのはここまで。「中の大倉尾根:山スキーEnjoy隊」は、このあと、傾斜が急になる手前のCo1700m付近までスキーで登り、引返したとのこと。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1174704211.jpg東京支部「スキーの宴」2007 (那須連峰・三本槍岳スキー山行)Co1700mからの急傾斜は、アイスバーンの上に粉雪が積もっており、シール登行しずらい。Co1800の赤面山への夏道分岐を過ぎたところで、ツエルトを被って30分の大休憩。コーヒーを沸かして飲む。おいしい。ツエルトの外はビンビラでも、薄っぺらい布を一枚被るだけで、暖かで、長時間休憩できるから不思議だ。実際にツエルトを被って見て、冬山装備でのツエルトの重要性を一同で再認識する。お気に入りに追加

ファイル数 433 / 22ページ中 7

RSS feed
 
 
北大山岳部・山の会 © 2000-2010 記事・写真の無断転載を禁じます。
Academic Alpine Club of Hokkaido © 2000-2010 All rights reserved. No reproduction or reproduction without written permission.
Avalanche style by What Is Real © 2004
Converted by DaMysterious © 2006