ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
空沼小屋保存計画 »

空沼小屋改装仕上げ作業のご案内

2016年10月1〜3日実施

北大空沼小屋の保存を考える会 事務局幹事 66’入部の井上孝俊からのお知らせです。

伊藤組土建が施工している空沼小屋の改修工事は、7月24日ころ曳き家が行われ、小屋一棟分西側に移動させました。引続きピンファンデーション工法による基礎工事を完了させ、8月20日過ぎに小屋の引き戻しを実施して,現在は元の位置に戻して内部工事を始めているところです。床の下地などの工事が終わりますと、いよいよフローリングなど我々の出番となります。その時期は9月末の見通しとなりそうです。

そこで、66’入部の6名が10月1日(土)から3日(月)まで入部50周年の同期会を空沼小屋で行い、仕上げ工事を率先して行うことを計画しています。

つきましては全ての仕上げ工事を6名で行うには力不足が明らかですので、まずは道内のOBに参加を呼びかけたいと思います。とりあえず1日でも2日でも3日でも参加できるという方はそれぞれ名乗りをあげてください。出来るだけ多くの参加者で空沼小屋の仕上げができるようにしたいと思います。

■仕事の内容■
1. フローリング工事 15坪程度
2. ベランダ作成
3. 流し台設置と床下に浸透桝一基設置
4. 薪を床下に収納
5. 工事の残材類を薪として加工
6. ストーブ台の設置とストーブ・円筒の取り付け
7. 縁の下の幕板取り付け
8. 取水設備
9. 電気設備
10.垂直階段の改良
11.玄関の階段設置
12.小屋まわりの整備
13.その他

■参加申し込みについて■
1.参加者の氏名
2.10月1日から3日のうちどの日に参加できるか
3.小屋までの交通手段はどうしたいか(徒歩か車か)
(小屋への交通手段)
  a.10月1日(土)の昼頃札幌のどこかで車でピックアップしたいと思いますが詳細は参加者が決まりましたら案内します。
  b.車を期待しない方は空沼登山口から徒歩で登ってくる事になります。
  c.10月1日昼頃に集合できない参加者は要相談となります。
4.車を提供できる人は申し出てください(林道走行なので車底が高い4駆のRV、ジープ系が望ましい)
5.申し込みは井上(u029172 at yahoo.co.jp)までメールしてください。

尚、参加希望者が多い場合、口はともかく手足の働く方を優先とさせていただくこともあります。

仕上げ工事の時期の見通しがなかなかつかないため、ご案内が遅くなりましたが、出来るだけのご協力をおねがいします。
また来年の小屋開きにはできるだけ多くの方の参加が出来るように計画しますので今回参加出来なかったか方は楽しみにお待ち下さい。
 
前
北海道新聞に式典の記事が掲載されました(2017年7月3日)
次
空沼小屋修復工事いよいよ開始(2016/6/12)
 
 
Copyright © 1996-2017 Academic Alpine Club of Hokkaido