ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
 

切り抜き詳細

発行日時
2018-4-14 8:16
見出し
夕張マッターホルン
リンクURL
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1427897.html 夕張マッターホルンへの外部リンク
記事詳細
夕張マッターホルン(山滑走/芦別・夕張)日程:2018-04-14(日帰り)メンバー: gt2010コースタイム:コース状況/その他周辺情報:桔梗川左岸沿いの古いブル道は、所々途切れている。崖マーク辺りは地滑り地形。写真:鹿に齧られた木々夕張岳方面ポントナのゴルジュ昔の遺物除雪終点桔梗川左岸を行く、少し危ない所親爺ポントナ分岐下り途中に発見の良い壁桔梗川出合・1415山頂・1146東壁シューパロクマゲラの仕業かもっこり感想:夕張マッターホルンは山岳部に入った1年目の時に大二郎先輩から教えてもらった山である。1年班でナダレに遭ってメンバーが怪我をしたと言うのを聞いて、なんか恐い山なんだなと思った様な気がする。札幌近郊の山から見える、夕陽に浮かぶ三角のシルエットが美しく是非行ってみたい山であった。低気圧が接近中のためワンデイでロングアタック計画とした。2時に自宅を出発し、未明、鳥がさえずり始める頃に入山する。春らしく鳥のさえずりが賑やかで林道歩きもいいものだ。桔梗川は水量があり、左岸沿いに登る。支沢を3回程越えるとうっすらしたブル道に出て、1箇所ツボでトラバースした地滑り地形の他は特に苦もなくマッターホルンの麓についた。頂上までの急斜面はツボ足、アックスで駆け上がる。下りは疎林の快適なスキー。帰りの林道は、トレース沿いに熊の足跡があり、朝した私のウンコ周りをぐるっと回って山に戻って行ったようだ。早起きしてここまで登りにきたかいがあったというものである。
 
 
 
Copyright © 1996-2018 Academic Alpine Club of Hokkaido