ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
 

切り抜き詳細

発行日時
2018-6-5 2:31
見出し
夫婦岩北壁→芦別岳西壁
リンクURL
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1488949.html 夫婦岩北壁→芦別岳西壁への外部リンク
記事詳細
夫婦岩北壁→芦別岳西壁(アルパインクライミング/芦別・夕張)日程:2018-06-02〜2018-06-03メンバー: gt2010 inoue2009 hazuki2012r写真:遅れた兄、一人たき火先に夫婦岩へ草着きバンドからラッペル下山、絶叫尻滑りツクモクサホームセンター御用達 2千円也北西壁ダイレクト登る靴を忘れた人頂上正面頂上直下が西壁ダイレクト本峰へむかう3p登り懸垂北壁カンテ2p目雪渓で滑りまくる兄3p目西壁ダイレクト1p目西壁D 2p目北壁K 3p目翌朝、洞穴slab 2p目感想:6/1 内定が決まったばかりのhazuki。東京から戻った所を千歳で拾い、太陽の里でC0する。道内某ガス会社の最終面接では「正直まだ働きたく無いんス」と言って落ちたそうだ。さすがだ!6/2 札幌から高速を飛ばすjun兄を入山口で待つ。この3人が揃うのはニセカウで雪崩に遭った時以来4年ぶりだろうか。ガチャ分け後いざ入山、のところアニキは靴が無い事が発覚。それは釣り竿忘れた釣り師ではないのか。アニキは9時開店の上富良野のホームセンターを目指し、我々2人は先に登る事にした。重荷の雪渓歩きに足を引き攣らせながら夫婦岩基部に着。天国みたいなところだ。初見の北壁カンテにとりつく。オールフリークライム。1p:かぶったクラックを越えてフェース、草付き。バンド帯でビレイ。6級ー 40m、Gaku2p:上部の見事な前傾クラックめざす。3級 15m、hazuki3p:前傾クラックをジャミングで登る。するとクラックの中からツバメが飛び出した。キャメ#0.4〜#3使用。抜け口がボロく緊張した。5.10C 30m、Gaku4p:フェースからバンド帯へ。4級、hazuki5p:頭上の岩はボロい様で避けて北西壁Dの終了点付近までトラバース。  下を見ると遅れてやってきたjun兄がテンバで焚火している。下までラッペル2回で降りる。hazukiはメシの支度、junーGakuで北西壁ダイレクトへ。3p登り、残置されていた切れたロープを回収し、テンバへ。今山行メインイベント、ネギジンギスカンをたらふく食って寝る。6/3 4時に起き、ネギ雑炊食す。朝一で洞穴slabへ。1p:洞穴までフェースを登る。4級、20m。jun2p:洞穴すぐ横のフェースを登る。出だしが微妙なバランス。オリジナルの右Var.と思われる。5.10a-b、15m、hazuki3p:垂壁を上部草付き帯に出るまでまっすぐ直上。山谷記載ラインは左に途中避けるのでvariationか。5.10b、40m、Gaku落石ケアしながらラッペル2回で基部へ。ネギ狩りTime後、旧道を芦別本峰へ向かう。本峰基部に荷物を置き、休憩後西壁ダイレクトへ。西壁ダイレクト1p:右ライン。アプローチピッチ。45m、hazuki2p:西壁頂上まで。岩も堅く快適なピッチ。5級、40m、Gaku本峰から、新道を下山。誰もいない、チョーク跡も全くない壁、自由な山、重荷のアプローチ、鳥の声で目覚め、テントを出ればネギ畑。ここのクライミングはとても充実すると、改めて思う。
 
 
 
Copyright © 1996-2018 Academic Alpine Club of Hokkaido