ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
 

切り抜き詳細

発行日時
2018-11-8 12:18
見出し
2018年度夏メイン1年班北日高 〜トッタベツ・エサオマン界隈を巡る8日間の沢旅〜(戸蔦別川9の沢〜ピパイロ岳〜戸蔦別川本流〜戸蔦別岳〜幌尻岳〜新冠本流〜エサオマン入沢〜エサオマントッタベツ岳〜エサオマントッタベツ川)
リンクURL
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1571560.html 2018年度夏メイン1年班北日高 〜トッタベツ・エサオマン界隈を巡る8日間の沢旅〜(戸蔦別川9の沢〜ピパイロ岳〜戸蔦別川本流〜戸蔦別岳〜幌尻岳〜新冠本流〜エサオマン入沢〜エサオマントッタベツ岳〜エサオマントッタベツ川)への外部リンク
記事詳細
2018年度夏メイン1年班北日高 〜トッタベツ・エサオマン界隈を巡る8日間の沢旅〜(戸蔦別川9の沢〜ピパイロ岳〜戸蔦別川本流〜戸蔦別岳〜幌尻岳〜新冠本流〜エサオマン入沢〜エサオマントッタベツ岳〜エサオマントッタベツ川)(沢登り/日高山脈)日程:2018-08-18〜2018-08-25メンバー: midori428 mariaaaaaコースタイム:写真:青空の下で遡行稜線挟んで南側、日高の山々を望む素晴らしい景色であった。エサオマン北カールへ向かう戸蔦別岳ピーク!まだ元気高捲きもう少しで終了。水を湛えた七ツ沼、美しい。エサオマントッタベツ岳ピーク!景色を堪能七ツ沼のとある沼のほとりから7日目(8/24) 北カールからエサオマントッタベツ岳へ向かう昨日偵察したガレと岩のルンゼを行く。晴れ4日目(8/21) 沼と朝焼け3日目(8/20) 戸蔦別川本流遡行天気よし、気持ち良し幌尻を望みながら稜線歩き遠い…2日目(8/19) 9の沢からピパイロ岳At下部は滑、快調。Bカール到着小川が流れて気持ちの良いカールだった。泊まりたいぐらいだが本日の晴れを利用して七ツ沼へ進める。スタンス、ホールドはある。トッタベツ川8の沢出合い快適なテンバだった。夕方、熊が出没…北カールとピパイロ・戸蔦別・幌尻…歩いてきたところが見えて嬉しい小滝を登っていく。巨岩帯でabボルダりたいMが一名。8日目(8/25) 雨の中、エサオマントッタベツ川出合から1日目歩いた道を帰る写真、下れなかったピリカペタヌ沢川。でも良い沢旅でした1日目(8/18) ここから、はじまる荷物は重いが、晴れて清々しい林道歩き。トッタベツ林道は2016年の台風の影響で崩壊しているが、去年よりは踏み跡がはっきりしたような?Bカールでちょっぴり休憩幌尻岳ピーク!疲れが見えるぼやけてしまったが、こんな感じの登りが続く。大体は快適に登っていけるが、滝の登りに不慣れなMがいたら苦労しそう。エサオマン入沢出合い台風の影響が甚だしい。自然の恐ろしさを実感、おかげで薪や雁皮は豊富であったが5日目(8/22)はここで停滞6日目(8/23) エサオマン入沢を遡行ブヨが多い…ガスガスのピパイロ岳ピーク…今メイン初ピーク!帰りは9の沢右股を下降、こちらは何もなく快適に下れた。北カールから稜線まで、偵察中良い。エサオマン北東カールは安定のガス。L、3度目なのにここではいつもこの景色…晴れたら美しいのだろうな。エサオマン北カール、到着。Bカールから稜線へ、登る。Co1080の2段滝を高捲く。感想:2018年度夏メイン1年班北日高夏メインで北日高は3回目、ようやく天気の良い日にのっこせた。ガスガスじゃなかった。寒さで震えることもなかった。晴れたカール、そして日高の展望は素晴らしいものであった。予定の札内岳のっこしはできなかったが、1At・2のっこし・8日間と1年班として良い沢旅になったと思う。
 
 
 
Copyright © 1996-2018 Academic Alpine Club of Hokkaido