ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
 

切り抜き詳細

発行日時
2021-8-9 1:43
見出し
ヌピナイ左股〜トヨニ右股(支沢のっこし)
リンクURL
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-3428488.html ヌピナイ左股〜トヨニ右股(支沢のっこし)への外部リンク
記事詳細
ヌピナイ左股〜トヨニ右股(支沢のっこし)(沢登り/日高山脈)日程:2021-08-07〜2021-08-08メンバー: sy2017 yumepporo写真:支沢のCo640 50mF 8段の滝奥に雪渓Vゴルジュ滝  Co550函滝支尾根 この写真は快適そうだが藪が生えてるとこもあるドボンのような気がしたが、ザイル出してリードの練習右に行けばただの巻きになってしまうので今回は直登気味のラインを選択 源頭まで滝∞夏!ルンゼより降りる下降沢、荒れているトヨニ北峰飛び込み前のドキドキ感たまらないですよね。Co1080 大滝2p目一見微妙そうなcd 実際は問題ないヌピナイ冬に歩いた稜線を夏に見るのは感慨深いボルダー感想:時間がないのと、長すぎる林道歩きをパスするため、今回のルートを選択。一日目の行動時間が長くなってしまったが二日で行けるので最近の忙しいルームの人達におすすめ。車の回収もないしね。沢の内容は言わずもがな、日高に感謝感激です。これからは自称フリークライマーやめて、目指せヒダキスト。クマの沢は白い石とエメラルドグリーンでとても綺麗でした。綺麗でお魚もいるのに行動しないといけなくて河原をさっさと歩いたのが心残りです、、、なので忙しくても泊まることをおすすめします笑こんなに楽しい沢に行けて幸せです。
 
 
 
Copyright © 1996-2021 Academic Alpine Club of Hokkaido