ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
 

切り抜き詳細

発行日時
2021-8-18 11:40
見出し
ソエマツ沢神威岳南東面直登沢
リンクURL
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-3446067.html ソエマツ沢神威岳南東面直登沢への外部リンク
記事詳細
ソエマツ沢神威岳南東面直登沢(沢登り/日高山脈)日程:2021-08-12〜2021-08-14メンバー: Takenaka2017 aach_17inoue nrtk7コースタイム:写真:CS滝をボルダリーなムーブで突破。源頭。険谷に小滝が断続的に現れる。険しいV字谷にまたも絶望的な滝が。右岸岩壁を試すがツルツルスラブへ追いやられて敗退。小滝は続くが沢は開けてくる。シャワーで直登を試みるがあまりの冷たさに敗退。Co680二股から連瀑帯となる。ソエマツ沢下部の函。核心部の入り口となるCo850二股へ。奥に絶望的な函滝が待ち構える。滝下でビバーク。滝はまだまだ続く。ツルツル系で意外と登りづらい。絶妙に登りづらいものが多い。懸垂で函へ下りる。朝イチシャワーのユマーリング。安心安定のガスガスピーク。左岸リッジから捲くが悪い岩壁の登りが出てくる。感想:先に何があるかわからないワクワク感。かつて日高の沢を開拓していった方々はこんなワクワクを毎回感じていたのかと思うとただひたすらに羨ましい。日高の沢登りは、北海道の夏にできる最上級のアルパインクライミングだと思う。僕はいつまでも、この地とここで繰り広げられる冒険を愛していたい。
 
 
 
Copyright © 1996-2021 Academic Alpine Club of Hokkaido