ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
 

切り抜き詳細

発行日時
2021-9-24 4:14
見出し
南八甲田/黄瀬川から乗鞍岳
リンクURL
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-3553770.html 南八甲田/黄瀬川から乗鞍岳への外部リンク
記事詳細
南八甲田/黄瀬川から乗鞍岳(沢登り/十和田湖・八甲田)日程:2021-09-19〜2021-09-20メンバー: saito1987 Yanke1987コースタイム:写真:黄瀬松島のナメ両岸立っているが沢の中は岩盤と河原が続く本流筋を詰める飽きない程度に岩盤や小滝が出てくるがザイルは結局使わなかった源頭近くCo1100二股あたりが温泉地帯十和田市から乗鞍岳黄瀬沼分岐近くなると完全に源頭の雰囲気夏道から駒ヶ峯と櫛ヶ峯段丘状の湿原凝灰岩の壁と岩盤上流パートも快調に遡行赤倉岳から小川原湖が見える十和田市街からタクシーで焼山林道ゲートまで8700夏のような陽気の中林道を2h半歩いて松見の滝上流側の支沢から黄瀬川へ入渓北八甲田乗鞍岳から赤倉岳小滝Co660二股手前で早々とC1長根沢付近過ぎると酸性水質強くなり魚影無くなる乗鞍岳頂上から十和田湖26年前の冬、スキーで縦断した丘陵地帯を眺める岩盤とナメが続くが河原やゴーロの方が多いかなCo660二股過ぎてすぐの溶岩柱状節理層雲峡で見慣れているせいか箱庭感覚淵のへつり釜滝感想:沢登りというより渓歩きといった表現がぴったりくる快適な沢。意外と河原が多いので、AACHセンスなら大増水でもしない限りどこでも泊まれるでしょう。上流側に魚は居ません(´;ω;`)下りの夏道は油断したせいか、キンドー氏蒸発事件や道迷いなどがあり、結局バラバラになって下山してしまいました。
 
 
 
Copyright © 1996-2021 Academic Alpine Club of Hokkaido