ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
 

切り抜き詳細

発行日時
2022-1-25 3:29
見出し
上ホロ 八手岩 南西面凹角
リンクURL
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-3946687.html 上ホロ 八手岩 南西面凹角への外部リンク
記事詳細
上ホロ 八手岩 南西面凹角(アルパインクライミング/十勝連峰)日程:2022-01-22(日帰り)メンバー: sy2017 nrtk7写真:2p目朝は晴れ1p目感想:ナイスリードでした。お見事です。 ベガと共に上ホロへ。前日はカムイ岩で2人とも各々の目標ルートで吹っ飛ぶ。夜は東神楽のちえん荘で鹿肉をご馳走になる。 八手尾根を登って正面を右に回りこんで取り付き。まだルート開拓の余地はありそう。 1p目 成田リード 3段ぐらいのハングを越えるが、壁は雪べっとり、ベルグラでスタンス消滅しており厳しい。ただ、所々氷が厚く発達しておりスクリューやアックスがしっかりと決まるところもあった。最初ザック背負って突っ込んだが厳しかったのでクライムダウンを繰り返し、最終的に空身にして突破した。プロテクションはトライカム、カム、ナッツ、スクリュー、岩角、チョックストーンにスリングと総合格闘技的。クライムダウン時にヌンチャクを掴んでしまったが、前進はフリーで行けた。ハング越えた後雪壁を7m程登ってハング基部の岩でビレー。体感M6。 2p目 佐藤リード ハングの岩を左から捲いて浅い凹角。アックスはバシバシ決まって快適。プロテクションはとりづらい。 左トラバースで左ルート2p目終了点に合流し、懸垂1pで八手岩基部に下降。八手尾根を下降して駐車場まで。 初見ルートは充実感があっていい。そして今年の上ホロは氷が多くていい感じだ。
 
 
 
Copyright © 1996-2023 Academic Alpine Club of Hokkaido