Academic Alpine Club of
Hokkaido
     
 
AACH本家 全アーカイブ アルバムリスト カレンダー お気に入り 検索
 
 

Home > ホームページ > ホームページ用2006年

タイトル  +   - 
ファイル名  +   - 
日付  +   - 
ポジション  +   - 
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142089203.jpg谷川岳 一ノ倉沢 滝沢第三スラブF4を登るお気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142089266.jpg谷川岳 一ノ倉沢 滝沢第三スラブF5直下お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142089507.jpg谷川岳 一ノ倉沢 滝沢第三スラブF6を越えてお気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142089593.jpg谷川岳 一ノ倉沢 滝沢第三スラブ上部草付き帯に突入お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142089925.jpg谷川岳 一ノ倉沢 滝沢第三スラブランナウトする極悪トラバースお気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142090043.jpg谷川岳 一ノ倉沢 滝沢第三スラブドームを目指してお気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142090149.jpg谷川岳 一ノ倉沢 滝沢第三スラブドーム基部から一の倉岳お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142090286.jpg谷川岳 一ノ倉沢 滝沢第三スラブドーム基部の神谷君お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142090402.jpg谷川岳 一ノ倉沢 滝沢第三スラブAルンゼを登るお気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142090554.jpg谷川岳 一ノ倉沢 滝沢第三スラブお日様の光が眩しい国境稜線に飛び出す。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142219337.jpg東京支部「スキーの宴」2006石村会員撮影の北アルプスを背景に大滑降、右から石本、浜名、平田、八木橋、石村夫人お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142931448.jpg第46回OneDay里山Hike 岳の台お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142948376.jpg頚城山塊・雨飾山スキー山行(シェイク送別山行)計画では、1日目(3/18土)は大渚山スキー(5h)およびテント泊、2日目(3/19日)は雨飾山南稜スキー&登攀(9.5h)であったが、3/18土の夜から3/19日は低気圧の通過で天気予報は雨。大渚山と雨飾山P2までのどちらをとるかという選択で、3/18土に雨飾山P2を目指すこととした。中央自動車道双葉SAに、シェイク号(ババアが同乗)と山森号(ヤンケが同乗)が集合し、2〜3時間の仮眠をとって4:30AMに出発。信濃大町付近では、車窓から見える爺が岳などの北アルプスの山並みが美しい。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142948432.jpg1頚城山塊・雨飾山スキー山行(シェイク送別山行)小谷温泉/旅館栃の樹亭前の除雪終点に車を止め、8:45出発。山スキーヤーの車が数台あり、人気の山域のようだ。時間的に雨飾り山頂上への登攀を行う可能性は低いが、念のため、アイゼン、ピッケル、ハーネス、ザイル、ハーケン、ハンマー、ヘルメット等の登攀道具も持って出発する。私は、ハーネスを着け、メットを被って出発したが、他の3人からは笑われてしまった。雨飾山はかなり遠くに見える。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142948659.jpg頚城山塊・雨飾山スキー山行(シェイク送別山行)林道のトレースを登っていくが、途中で大渚山向けのトレースであることに気づく。林道をショートカットしたババアのみが正しい林道で雨飾高原キャンプ場付近に到着し、残りの3人は遠回りしてしまった。何はともあれ、全員合流できて良かった。雨飾高原キャンプ場付近から望む雨飾山。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142948784.jpg頚城山塊・雨飾山スキー山行(シェイク送別山行)南尾根末端に取り付いて登る。ブナの森が美しい。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142948815.jpg頚城山塊・雨飾山スキー山行(シェイク送別山行)振り返ると、大渚山(中央)が見える。※今回は翌日悪天候のため、大渚山スキーは断念したが、またの機会に是非行きたい。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142948877.jpg頚城山塊・雨飾山スキー山行(シェイク送別山行)雨飾山を目指して登るシェイク。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142948924.jpg頚城山塊・雨飾山スキー山行(シェイク送別山行)北アルプスの後立山連峰が美しい。白馬岳、雪倉岳、朝日岳が一望できる。私は後立山連峰には過去3回スキー山行をしている。1回目は1990GWに山スキー部OB百瀬氏と栂池から蓮華温泉へ乗越し(3-0)。2回目は、1998GWに斎藤やババアと白馬岳大雪渓と長走沢(3-0)。3回目は、2002GWに斎藤やヤンケと蓮華温泉から雪倉岳・朝日岳を目指すが、口の開いた瀬戸川を渡渉できず、乗鞍岳に登頂(3-0)。これらの山行を懐かしく想い出しながら景色を眺める。お気に入りに追加
大サイズの画像を表示するにはログインが必要です
1142948964.jpg頚城山塊・雨飾山スキー山行(シェイク送別山行)雨飾山を目指して登るシェイク。お気に入りに追加

ファイル数 327 / 17ページ中 5

RSS feed
 
 
北大山岳部・山の会 © 2000-2010 記事・写真の無断転載を禁じます。
Academic Alpine Club of Hokkaido © 2000-2010 All rights reserved. No reproduction or reproduction without written permission.
Avalanche style by What Is Real © 2004
Converted by DaMysterious © 2006