ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
次

1.EVEREST 8848m
第1次(1921年)〜登頂(1953年)の記録


 北大山岳館には1866年(慶応2年)発行の「The Oberland and its Glaciers:Explored and Illustrated with Ice-Axes and Camera 」(H.B.George:Editor of Alpine Journal )を最古として500冊の洋書が収蔵されている。山岳館蔵書全体の1割に満たない数ではあるが、特に1950年以前の情報が乏しい時代のものは、海外の登山・探検に興味のある山岳部員たちにとって貴重な情報源であったろう。蔵書の内容は登攀、探検、旅行記、調査記録、案内など多岐にわたるが、中でも興味を引くのは戦前のエベレストを始めとするヒマラヤ高峰への挑戦記録である。
 洋書紹介の最初は戦前のヒマラヤ登山を中心に取り上げたい。

 第一次大戦が終結した1921年から第二次大戦の始まった1939年までのおよそ20年間に、英国山岳会(AC)はエベレストに7回遠征隊を送った。1921年、ハワード・バリー大佐の踏査隊、1922年、24年、C.G.ブルース准将の試登、さらにヒュー・ラトレッジの率いる1933年と1936年の試み、1938年のティルマン隊などだ。これらのエベレスト隊は、例外なく堂々たる業績をあげている。ただどれも頂上に到達する幸運には恵まれなかった。しかし山における失敗の記録は成功の記録よりも興味深く、また価値がある。そして、この英国隊の悪戦苦闘を物語る7回(1935年のシプトン隊を含めて)のエベレスト遠征の記録は、どれも第1級のヒマラヤ文献として永く残ることだろう。ヒマラヤ登攀記録の手始めにこのエベレストを取り上げる。山岳館が遠征隊の公式記録をすべて所有しているわけではないが、関連する著作を含めて1953年の登頂までを紹介する。
 この20年間にはエベレスト挑戦以外に1931年のカメット登頂、1936年のナンダ・デヴィ登頂がある。また、頂上には至らなかったがバウアーによるカンチェンジュンガ、メルクルのナンガ・パルバットの試登も繰り返された。そして、これらの勇壮で、しばしば悲劇的でもあった登攀は、いずれも立派な文献の形で記録されている。エベレストに引き続き、これらを順次紹介していきたい。
(1)EVEREST 8848m
第1次(1921年)〜登頂(1954年)の記録

EVEREST報告書(1921〜1953年)
第1次隊(1921年)
  • 「EVEREST RECONNAISSANCE THE FIRST EXPEDITION OF 1921 (1991年版) Howard Bury/George Mallory 」(edited by Marian Keaney)
  • 公式報告書「Mount Everest, the Reconnaissance, 1921、Lieut-Cd. C.K. Howard-Bury」在庫なし。
  • 隊長:Charles Howard-Buryハワード・バリー
  • 隊員:ジョージ・マロリー、ガイ・バロック、ミッチェル・ケラス、ハロルド・レイバン、科学者数名
 本書は遠征から70年経った1991年の再発行であるが、山岳館には1922年発行の公式報告書がないので代わってこれを紹介する。公式報告書に隊長バリーの日記を加えて1991年に再発行されている。バリーの日記は遠征の前年、ヤングハズバンドの命令を受けてチベットへ入り、ダライ・ラマのエベレスト登山許可を取得した経過を記したものである。著者のハワード・バリーについて、ジョン・ハントは序文で次のように紹介している。
 He was born in the same year as my father−1881. They must have both passed through Sandhurst as cadets at the same time. He served in my regiment, the King’s Royal Rifle Corps. Like my father, he was taken prisoner in Flanders but, unlike him, Howard-Bury survived that war. Like me, he served as an Intelligence Officer, and shared with me a bent for foreign languages; as his part in obtaining the vital clearance for the expedition reveals, he was an able negotiator and something of a diplomat. Howard-Bury was a man of many parts.
 エベレスト周辺の地形をさぐり、登頂ルートをさがす偵察行動が目的の隊であった。インド総督府がネパール入国を許可しないため、シッキムから峠を越えてチベットへ入り、北側を大きく迂回してエベレストへ近づいた。
 マロリーとバロックはロンブク氷河より北面を、西稜のロー・ラから南面(ネパール側)を偵察したが、いずれもとても登れそうになかった。北東稜は比較的登れそうだったので、ラクパ・ラを越えてノース・コル(7000m)まで登り、登頂ルートの可能性を確認し、初めてエベレスト周辺の詳細な地図を作成して帰国した。ノース・コルはその後の遠征隊の前進基地となったが、9月24日午前11時半、コルに立ったマロリーは次のように記している。
My eyes had often strayed, as we came up, to the rounded edge above the col and the final rocks below the North-east arête. If ever we had doubted whether the arête were accessible, it was impossible to doubt any longer. For a long way up those easy rock and snow slopes was neither danger nor difficulty.
第2次隊(1922年)
  • 公式報告書「THE ASSAULT ON MOUNT EVEREST 1922 C.G.Bruce and other members」在庫なし。
  • 隊長: C.G.ブルース
  • 隊員:エドワード・ストラット、トム・ロングスタッフ、ヘンリー・モースヘッド、ハワード・ソマベル、エドワード・ノートン、ジェフリー・ブルース、ジョージ・マロリー、ジョージ・フィンチ、ジョン・ノエル、アーサー・ウェイフィールド
 ロンブク氷河末端にBC、ノース・コル(7000m)にC4、7600mにC5を設営。5月20日、マロリーら4名がC5を出発するが、直後に1名が落伍、3名も酸素不足から8225mで撤退した。7日後、酸素シリンダーを背負ったフィンチら3人が8321mまで登ったが、悪天候に阻まれて頂上まであと高度差500mで撤退した。第3次アタックが予定されていた6月7日、ノース・コルの斜面で雪崩が発生、シェルパ7名が遭難死したため、登山隊は頂上を諦めて山を降りた。
第3次隊(1924年)
  • 「THE FIGHT FOR EVEREST 1924 E.F.Norton and other menbers 1925」公式報告書
  • 独語 Bis Zur Spitze Des Mount Everest, Die Besteigung
  • 隊長:C.G.ブルース准将、キャラバン中にマラリアで倒れ、エドワード・ノートンが隊長代行
  • 隊員:ジョージ・マロリー、ジェフリー・ブルース、ハワード・ソマベル、ノエル・オデール、アンドリュー・アービン、ヘンリー・ビーサム、E.シェビア
 大量の酸素呼吸器を準備し、何が何でも頂上をと強い決意で臨んだ。ノース・コルに前進基地、6月1日、マロリーとブルースが7710mにC5を建設。ノートンとソマベルが8170mにC6を設営し、翌日、上部岩壁に水平に走るイエローバンドに沿って進み、大クーロアールに達した。のどを痛めていたソマベルは力尽き、ノートンは単独でタイルのように滑りやすいフェースを苦労して登ったが、8572mで危険を感じ引き返した。酸素なしでこの高度に達したことについて、彼はこう述べている。
I was near the end of my powers, and had for some time been going too slowly to hope to reach the summit. Whether the height I had reached was nearing the limit of human endurance without the artificial aid of oxygen, or whether my earlier exertions and hardships in month of May accounted for may exhaustion, I cannot, of course, say, but I incline to latter opinion; and I still believe that there is nothing in the atmospheric conditions even between 28,000 and 29,000 feet to prevent a fresh and fit party from reaching the top of Mount Everest without oxygen.
 4月末の吹雪を避けるため、ノース・コルからの撤退中に起こったアクシデントで、シェルパの救出にひどく消耗したことが登攀の最後に影響したと考えたのである。しかし、ノートンの達した8572mは、戦後エベレストが登られるまで、人類の達した最高高度となった。
 6月8日、マロリーとアービンは重い酸素ボンベ(14/本を2本)を背負ってC6から稜線沿いのルートからの登頂を試みた。支援のためにC6に向ったオデールは7900m付近から頂上ピラミッドの下の第2ステップと呼ばれる北東稜の一角に、登攀中の2つの人影を見た。しかし、それきり2人は戻ってこなかった。第局瑤魯泪蹈蝓爾虜覆△討亮蟷罎収録されている。
(和訳:ヒマラヤ名著全集5「エベレストへの闘い」山崎安治訳 あかね書房1968)
第1次隊〜第3次隊の記録ダイジェスト
  • 「THE EPIC OF MOUNT EVEREST Sir Francis Younghusband 1926」
 本書はヤングハズバンドがエベレスト委員会(地理学会とアルパイン・クラブの合同委員会)の要請により、第1次から第3次までの記録を公式報告書を基に取りまとめたもの。
 1920年代にネパールが鎖国していたために、ダージリンからシッキムを経由、チベットを大回りしてエベレスト北面から初登頂に挑んだイギリス人達の3回にわたる苦闘の記録。彼らはツイードの背広上下を着て、足にはゲートルを巻き、鋲を打った登山靴で足を固め、手にはピッケル1本、固定ロープも張らず、ついには8,572mにまで達した。1次〜3次の中心的メンバーで、ついに帰らぬ人となった伝説的クライマー、ジョージ・マロリーについて詳しく記述している。
(山岳館蔵書ガイド翻訳本2. 参照 「エベレスト登山記 田辺主計訳 第一書房、1931」)
「THE STORY OF EVEREST Cp. John Noel 1927」
1913年、戦前のチベットに潜入、第2,3次遠征に参加した個人記録
The author was an official photographer of the 1922 expedition, and a semi-official freelance 1924. This is a narrative of his attempt to reach Mt. Everest from the north in 1913 entering Tibet via the Chorten Nyimala. But Noel was stopped by Tibetans.
(山岳館蔵書ガイド翻訳本3.参照「西域を越えて聖峰へ―エベレスト冒険登攀記―」大木篤夫訳博文館、1931)
第4次隊(1933年)
  • 「EVEREST 1933  Hugh Ruttledge」1934 公式報告書
  • 隊長:ヒュー・ラトレッジ
  • 隊員:フランク・スマイス、エリック・シプトン、ウィン・ハリス、ジャック・ロングランド、コリン・クロフォード、トム・ブロックルバンク、エドワード・シェビア、ローレンス・ウェイジャー、レイモンド・グリーン
 許可違反などからダライ・ラマのチベット入国許可が得られなかった第3次隊以後の9年間、イギリスはエベレストへの挑戦を中断せざるを得なかった。
新鋭の登山家で結集したラトレッジ隊は、第3次隊よりさらに高い8350mにC6を設営、5月30日、ハリスとウェージャーが大クーロアールに達したが、疲労と時間切れで敗退した。この行動中に9年前にマロリーかアービンのどちらかが持っていたと思われるウィリッシュ製のピッケルを発見した(のちにアービンのものと判明)。
「The sun had not yet reached them, and they suffered much from cold during the first hour while traversing diagonally upwards towards the north-east ridge. Wager noticed that excessive panting resulted in rapid loss of body heat. Both felt the beginnings of frost-bite; and the moment the sun appeared, nearly an hour after they had left Camp, Wager sat down to remote his boots and rub his feet. Soon after this, about 60feet below the crest of the ridge and 250 yards east of the first step, Harris , who was leading, found the ice-axe about which there has been much controversially. It was lying free on smooth, brown “boiler-plate” slab, inclined steel head was stamped the name of maker−Willish, of Täsch, in the Zermatt valley.
 翌31日、スマイスとシプトンが挑戦するが、シプトンは途中で胃痛のため引き返し、スマイスもクーロアールに達したが、1924年のノートンの到達記録8572mを越える事はできなかった。
「山岳館蔵書ガイド翻訳本22. 参照「エベレスト探検記//高柳春之介/岡倉書房1941」
参考「キャンプ・シックス F.S.スマイス/伊藤洋平 朋文堂1959」
第5次隊(1935年)
  • 公式記録在庫なし
  • 隊長:エリック・シプトン
  • 隊員:ビル・ティルマン、ダン・ブライアント他
 ダライ・ラマの入国許可が遅れたために本格的な登山準備が整わず、新しいルートの偵察を目的とする隊になった。シプトン隊長以下7人の小パーティーで入山。偵察とは言え周辺の7000m級3峰に登頂、他に6000m級23峰にも登り、かつノース・コルまでは達した。早く到来したモンスーンのために深雪に悩まされ、頂上攻撃はできずに引き返した。のちにヒラリーと共に登頂に成功したテンジン・ノルブが若手シェルパとして初参加している。
第6次隊(1936年)
  • 公式記録「Everest: the Unfinished Adventure 1937 H.Ruttledge」在庫なし
  • 隊長:ヒュー・ラトレッジ
  • 隊員:エリック・シプトン、フランク・スマイス、ウィン・ハリス、チャールズ・ウォーレン、ピーター・オリバー他
 再びラトレッジに率いられた強力な隊で、選りすぐった12人のメンバーと23人のシェルパを動員して大がかりな準備がなされ、何が何でもと頂上を目指したが、不運にも早く到来したモンスーンに、辛うじてノース・コルに到達したのみで下山した。
第7次隊(1938年)
  • 「MOUNT EVEREST 1938 H.W.Tilman」(1948年刊)公式報告書
  • 隊長:ビル・ティルマン
  • 隊員:エリック・シプトン、フランシス・スマイス、ウォレン、オリバー、ノエル・オデール他
 1936年にナンダ・デビ7816mに登頂して意気上がるティルマンは、独自の小遠征隊主義をとり、隊員をヒマラヤ経験者6名にしぼり、資金や荷物もそれまでの五分の一というライト・エクスペディションで挑んだ。しかし、この年も1ヶ月も早くモンスーンが襲来し、苦労して作った8290mのC6から2回挑戦したが、従来の最高到達点8572mにも至らず、敗退に終わった。
 チベット側からの最後の隊となった。翌年以降は第二次大戦の影響で登山は行われなかった。
航空機による偵察行(1933年)
「FIRST OVER EVEREST –THE HOUSTON MOUNT EVEREST EXPEDITION 1933- Fellows他」
―戦後―
アメリカ探査隊
ビル・ティルマン、チャールズ・ハウストン他
1949年のネパール開国直後に南側に初めて入った。クンブ氷河を約5500mまで登り、アイスフォールを偵察。この時はわずか6日間の余裕しかなく、充分な偵察ができないまま終わった。
イギリス隊(1951年)
  • 「THE MOUNT EVEREST - Reconnaissance Expedition 1951- Eric Shipton」公式報告書
  • 隊長:エリック・シプトン
  • 隊員:マイケル・ウォード、エドモンド・ヒラリー、トム・ボーディロン、ビル・マーリ、エドモンド・ヒラリー、アール・リディフォード、ビル・マーリ
 偵察隊。クンブ氷河のアイスフォールを切り抜け、ウェスタン・クウムへ入り込み、サウス・コルからのエベレスト登頂の可能性を発見するという大収穫を挙げた。帰路、イエティの足跡を発見するが、それは次のようなものであった。
Footprint of the “Yeti “found on a glacier of the Menlung basin. In general the tracks were distorted and obviously enlarged by melting; but where, as in this case, the snow overlying the glacier was thin, the imprint was very well preserved and the form of the foot could be seen in detail. When the tracks crossed a crevasse we could see clearly how the creature, in jumping across, had dug it toes to prevent itself from slipping back.
(和訳:「エベレスト−1951年の偵察記」 田中純夫訳 日本山岳会越後支部1993)
スイス隊(1952年)
  • 「EVEREST 1952 Andre Roch」1952 仏語写真集
  • プレ・モンスーン隊
  • 隊長:エデュアール・ウィス・デュナン
  • 隊員:レイモンド・ランベール、アンドレ・ロッシュ、ルネ・ディテール、エルンスト・ホッフシュデッター、ジャン・アスパー他
 プレ、ポストの2度にわたってフランス隊が挑戦。
 春はルネ・ディテールを登攀隊長に8人の隊員がBC設営から1ヶ月かけて5月26日、サウス・コルに到達した。翌日ランベールとテンジンが南東稜を登り、8400mでビヴァーク、翌日8611mに達し、頂上は目前だったが、天候に恵まれずに撤退した。
ポスト・モンスーン隊
 同年秋、隊長シュバレー博士の統率下に登攀隊員8人が南東稜8100mに至るも、烈風により上部キャンプが引き裂かれ、寒気が身に沁みた。11月19日、サウス・コルに達し、翌日3人が南東稜へと出発したが、烈風と寒気に逆らえず、ついに8100m地点で断念した。
イギリス隊(1953年)
  • 「THE CONQUEST OF EVEREST (1954) J.Hunt」
  • 「THE ASCENT OF EVEREST J.Hunt」1954」
  • 隊長:ジョン・ハント
  • 隊員:チャールス・エバンス、トム・ボーディロン、エドモンド・ヒラリー、テンジン・ノルゲイ他
 ジョン・ハント隊長率いるイギリス隊の登攀は一糸乱れぬ整然たるもので、まさにヒマラヤ8000mにおける極地法登山の教科書と云えるほど完璧なものであった。
 5月26日、第1次隊のボーディロンとエバンスが南峰8760mまで登ったが、酸素不足から撤退した。5月28日、第2次隊のエドモンド・ヒラリーとサーダーのテンジンがサウス・コルのC8を出発、途中8600mより少し下にC9を作って一泊、翌29日午前11時半、ついに世界の最高峰の頂上に立った。
(和訳:エヴェレスト登頂 田辺主計/望月達夫訳 朝日新聞社 1954年)
 
Tweet| |

次
2. KANGCHENJUNGA
 
 
Copyright © 1996-2019 Academic Alpine Club of Hokkaido