ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
92カムチャツカ第二次遠征 »

装備

日下


普段Roomが山に行く装備と全く変わらず、特に軽量化や新しい装備を使用することはなかった。従って、下に示した団体装備と冬山個人装備が各自の装備である。

石油ストーブ
EPIヘッド
EPIカートリッヂ14
ダンロップテント(4人用)
ダンロップテント(2人用)
エスパーステント(5人用)
ツェルト
修理具
ザイルφ9mm×40m
ハーケン数枚
なべ
ポリタンク(2リッター)
スノーソー
スコップ
無戦機
ローソク
たわし


ダンロップテントの外張りをツェルトとして使用した。
この時期はほとんど太陽が沈まないのでローソクは不要であった。
キャンプでの炊事はコックがやってくれたので、ストーブは行動用のガスストーブで十分であった。


 
前
渉外
次
食料
 
 
Copyright © 1996-2020 Academic Alpine Club of Hokkaido