ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
 

切り抜き詳細

発行日時
2022-1-31 9:18
見出し
日高/寿都似山
リンクURL
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-3962899.html 日高/寿都似山への外部リンク
記事詳細
日高/寿都似山(積雪期ピークハント/縦走/日高山脈)日程:2022-01-30(日帰り)メンバー: Yanke1987コースタイム:写真:イドンナップ、ナメワッカ方面コルまでの登りは快調オパケシウシベを望むヌカンライ岳の向こうは幌尻か?林道に降りる樹間からヌカンライと幌尻登頂糠平山残照コルに出た鹿-1林道から寿都似山をみる鹿-2ヌカンライ岳糠平川を渡る橋、鹿も利用しているピーク手前感想:昨日の岩内岳下山したのち林道のアプローチを偵察。夜は二風谷のゲストハウスで一泊。朝は-21℃まで下がった。林道は除雪されているがゲートがある。鹿撃ち車は入れるようだ。スキーを引っ張って30分くらいで糠平川を渡る橋が見えてきた。橋を渡りしばらく林道をたどるがすぐにはっきりしなくなり、右手の広い沢型地形に入る。ブル道らしきところもあり快調に登れる。コルに上がりクトーつけて急斜面を登る。やがて左手からの小尾根と合流し傾斜がなくなる。ここからピークまで、下山時の登り返しを最小にすべく、小さいポコをネグりつつなるべく平坦なトレースをつけていく。ピークは樹木に覆われ、眺望はいまいち、それでも白い幌尻やその周辺が樹間から見えた。912までシールつけて戻る。そこからパウダー斜面を一気に滑降して林道に。ゲート前で後片付けしていたら鹿撃ちの車がおりてきた。
 
 
 
Copyright © 1996-2023 Academic Alpine Club of Hokkaido