ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
最新のエントリ
最近のコメント
  • 17年01月29日
    Re: これまでの部報紹介・3号(1931)上/(米山悟1984年入部)...佐々木惠彦
  • 16年12月17日
    Re: ペテガリ冬季初登・72年前の今村さんのゲートル  米山悟(1984年入部)...やまね
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...米山
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...さわがき
  • 16年07月04日
    Re: 医学部戦没同窓生追悼式のご案内...AACH
  • 16年06月17日
    Re: 道新に今村昌耕会員の記事...AACH
  • 15年12月22日
    Re: おくやみ・谷口けい 米山悟(1984年入部)やま...すぎやま もちやす
  • 14年12月09日
    Re: 【書評】アルピニズムと死 山野井泰史 2014.11(米山悟1984年入部)...まっちゃん
  • 14年10月25日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...米山
  • 14年10月23日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...GG

Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)

  • このフォーラムはコメント用フォーラムです。新規トピックはたてられません
  • このフォーラムではゲスト投稿が許可されています
対象モジュール: ブログ記事
件名 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)
要旨 北大の片隅にあった柔道場で、僕らと同時代に続いていた、柔道部の熾烈な青春記。山岳部の青春と比べ乍ら読んだ。よく、死のリスクがあるのに何故山に登るのか問われるが、もちろんある意味で楽しいからである。でも、高専柔道の練習は「楽しくない」と言い切る。全然違...
 
ツリー構造順で表示 投稿の新しいものから
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿 .1 | 投稿日時 2014-10-23 23:21
GG 
今、読了しました。
この間まで課長だった3年上の先輩が柔道部だった。
「ひたっすら寝技ばっかりやってたよ」と笑っていたが、こんな壮絶な日々だったとは!

考えてみれば、ROOMに入って今年でちょうど30年。
自分の場合は、高2の夏にヤマケイに載った北大山岳部特集を読んで志望を固めた。
人生の折り返し地点をとうに過ぎ、ターニングポイントはいくつかあったけれど、やっぱり北大に入ってよかったと、今、気づいた。

おっと、懐古にふけるにゃまだ早い。
長らく会友だった社会人山岳会にも復帰して、冬山の計画を立案中です。
柔道部と違って山岳部は卒業しても死ぬまで同じことをやり続ける。
魂が燃え続ける限り。

 
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014-10-25 6:17
米山 
GGさま
80年代北大山岳部のノンフィクション小説、誰か書いてくれないかなあ。結構、どこにもない青春だと思うんだ。
 
ツリー構造順で表示 投稿の新しいものから
このトピックに投稿する
題名
ゲスト名   :
投稿本文
 

  条件検索へ


 
 
Copyright © 1996-2019 Academic Alpine Club of Hokkaido