ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
 

切り抜き詳細

発行日時
2018-7-27 12:14
見出し
鹿島川大川沢から五竜岳、鹿島槍ヶ岳へ
リンクURL
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1537383.html 鹿島川大川沢から五竜岳、鹿島槍ヶ岳へへの外部リンク
記事詳細
鹿島川大川沢から五竜岳、鹿島槍ヶ岳へ(沢登り/白馬・鹿島槍・五竜)日程:2018-07-23〜2018-07-25メンバー: macchan90コースタイム:写真:イカした分水嶺カクネ里を見下ろす。氷河とのこと。ガビガビ山が見えてきた入渓大町山岳博物館五竜岳山頂小屋が見えてきた早々と雪渓現るここから左岸を背徳高捲きいよいよ狭まってきたテント場の隣人天場山荘蝉また姫川源流へ。いつ来ても素晴らしい。計画段階で採ろうとしたルンゼ駒草取水堰堤から水量が復活する地図の滝印5m落日通過は厳しいキレット小屋五竜からの鹿島槍五竜岳東面鹿島槍ヶ岳山頂棒小屋沢、十字峡、剣沢そして剣岳清潔で勢いがある二俣に辿り着き、カクネ里を見上げるハクサンチドリ爺ヶ岳棒小屋沢にもあった黒部川花崗岩手前で右岸に渡る感想: 沢登りによる五竜岳への登頂と、縦走による鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳登頂を果たした。大川沢自体の遡行内容については特記事項もない程で、沢登りに滝やゴルジュ等の華(fun)を求める向きには薦めることは無いけれど、自然が提示する一本のライン(路)として沢登りを捉える方になら諸手を挙げてお勧めできる。
 
 
 
Copyright © 1996-2018 Academic Alpine Club of Hokkaido