ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
最新情報
現役サイト
ヤマレコ最新情報
最近のコメント
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...米山
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...さわがき
  • 16年07月04日
    Re: 医学部戦没同窓生追悼式のご案内...AACH
  • 16年06月17日
    Re: 道新に今村昌耕会員の記事...AACH
  • 15年12月22日
    Re: おくやみ・谷口けい 米山悟(1984年入部)やま...すぎやま もちやす
  • 14年12月09日
    Re: 【書評】アルピニズムと死 山野井泰史 2014.11(米山悟1984年入部)...まっちゃん
  • 14年10月25日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...米山
  • 14年10月23日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...GG
  • 14年07月25日
    Re: 【書評】剱沢幻視行  山恋いの記 ・和田城志(米山悟/1984入部)...松葉蘭
  • 14年07月22日
    Re: 山好き北大生だった宮沢氏の戦前の冤罪事件、北大が認めました 米山悟(1984年入部)...crystalstif
現役より : 10月24日第二回カム...
16年09月27日掲載New 
現役より
image

Soppolodgeの奈良様に声をかけていただき、
10月24日に南5条東1丁目のSappolodgeにて、第2回カムチャツカ遠征報告会を行う運びとなりました。お酒片手に持っての会となるため、前回のクラーク会館の時とはまた異なった雰囲気になるかと思います。詳細は添付ファイルの通りです。
札幌にお住まいの方は、是非お越し下さい。

 

空沼小屋保存伊藤組土建が施工している空沼小屋の改修工事は、7月24日ころ曳き家が行われ、小屋一棟分西側に移動させました。引続きピンファンデーション工法による基礎工事を完了させ、8月20日過ぎに小屋の引き戻しを実施して,現在は元の位置に戻して内部工事を始めているところです。床の下地などの工事が終わりますと、いよいよフローリングなど我々の出番となります。その時期は9月末の見通しとなりそうです。

そこで、66’入部の6名が10月1日(土)から3日(月)まで入部50周年の同期会を空沼小屋で行い、仕上げ工事を率先して行うことを計画しています。

つきましては全ての仕上げ工事を6名で行うには力不足が明らかですので、まずは道内のOBに参加を呼びかけたいと思います。とりあえず1日でも2日でも3日でも参加できるという方はそれぞれ名乗りをあげてください。出来るだけ多くの参加者で空沼小屋の仕上げができるようにしたいと思います。

申し込みは井上(u029172 at yahoo.co.jp)までメールしてください。

作業内容や参加方法についての詳細は【こちら】をご覧ください.
 

OBより : 北大山岳部創立90周年...
16年08月09日掲載 
OBより

北大山岳部創立90周年記念式典・祝賀会のご案内

北大山の会会員各位殿

 「北海道大学山岳部創立90周年記念式典・祝賀会」を11月6日(日)、東京・神田の学士会館で開催します。山の会会員・山岳部現役だけでなく、多くの他大学山岳部OBや日本山岳会関係者、北大山岳部・山の会にゆかりの深い岳友らが集います。お誘い合わせの上、振るってご参加頂きますようお願い申し上げます.
 山の会の皆さまには、ぜひ参加していただきたいと思っていますが、諸般の事情で参加できない方もいると思います。出席者の参加費だけではこのプロジェクトの遂行は難しいというのが実情です。ご参加いただけない諸兄にも本事業の趣旨にご賛同いただき、ご協賛金をたまわりますよう心からお願い申しあげます。
続きを読む
 

山岳館講演会第9回北大山岳館講演会
「ホモ・ヤマルーデンスの科学論・大学論 ―山系クラブの副産物的存在意義―-」

日時:2016年10月15日(土) 13:30~15:30
場所:北大山岳館
講師:前田仁一朗
詳細は【こちら
 

空沼小屋保存

空沼小屋の修復工事もいよいよ開始される時期となりました。
これから状況報告を随時行いたいと思いますが第1弾をお送りします
空沼小屋の修復工事の現況報告
 

空沼小屋保存北大・空沼小屋 修復保存工事決定と募金のお知らせ

2016年2月26日
空沼小屋の保存を考える会会長 安間  莊
北大山の会会長        小泉 章夫
北大山岳部部長        松本伊智朗

 札幌市近郊にある空沼(そらぬま)小屋は1928年(昭和3年)、故秩父宮殿下が施主となって建てられ、スキーや登山を愛する市民にも広く利用されてきました。戦後、北大に寄贈された後も学生や市民の憩いの場として親しまれてきました。しかし長年の風雪により老朽化が進み、大規模改修が必要となってきましたが、修復費用の目途が立たず一時は廃棄も止むなしというところまで追い込まれました。空沼小屋の保存を考える会は2009年以来、北大と協議を重ね、この度、修復工事に取り掛かることが正式に合意・決定されました。
 修復工事は今年6月から10月にかけて行う予定です。工事は小屋所有者である北大が発注しますが、費用は当会が中心となって負担するほか、広く募金を行い、修復の原資としたいと考えます。道内のみならず全国の登山・スキーを愛する方々にも趣旨をご理解いただき、是非とも浄財を賜りたくお願い申し上げる次第です。

詳細は【こちら】をご覧ください.
 

 

本サイトBlog記事 : 最新5件
 
現役サイト : 最新5件
 
やまレコ記事 : 最新5件
 
Weather
 
Twitter
 
リンク
 
 
 
Copyright © 1996-2016 Academic Alpine Club of Hokkaido