ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
最新のエントリ
最近のコメント
  • 21年03月22日
    Re: 【中部日高】ナナシ沢1823m峰南面直登沢→コイボクシュシビチャリ川...北陵高校山岳部OB
  • 17年01月29日
    Re: これまでの部報紹介・3号(1931)上/(米山悟1984年入部)...佐々木惠彦
  • 16年12月17日
    Re: ペテガリ冬季初登・72年前の今村さんのゲートル  米山悟(1984年入部)...やまね
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...米山
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...さわがき
  • 16年07月04日
    Re: 医学部戦没同窓生追悼式のご案内...AACH
  • 16年06月17日
    Re: 道新に今村昌耕会員の記事...AACH
  • 15年12月22日
    Re: おくやみ・谷口けい 米山悟(1984年入部)やま...すぎやま もちやす
  • 14年12月09日
    Re: 【書評】アルピニズムと死 山野井泰史 2014.11(米山悟1984年入部)...まっちゃん
  • 14年10月25日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...米山

記事・消息・ 2001年8月31日 (金)

ヘルベチアの外壁
ヘルベチアの外壁は,まさ,とよばれる鱗状の木の板で覆われていて,これが小屋本体の丸太を風雪から守る役割をはたしています.このまさのおかげで丸太は腐食したり傷ついたりすることなく保たれ,またヘルベチア独特の美しい外観を保ってきました.

2001.5.12撮影 クレオソートで塗られてしまった外壁のまさ

現在の外壁を覆っているまさは,昭和60年に行われた大改修の際に新しく貼り替えられた物です(このときに丸太の外側に板が外壁として張られたので,まさは丸太を保護する本来の意味を失いましたが,まさが醸し出すヘルベチア独特の外観を維持するためと丸太の外側の板を保護するために改修前と同様にまさが貼りつけられました).また,真新しいまさは色合いが明るいので,古い小屋の風味を損なってしまうため,やや暗めの色合いにするために褐色半透明の塗料が塗布されました.今までまさの色が褐色だったのは,けっして防腐剤が塗られていたからではないのです.

ところが,こうした知識がちゃんと現役に伝えられていなかったためか,まさの上に防腐剤を塗布してしまう,という事態が起きてしまいました.屋外で風雪にさらされる木材を腐食から防ぐために,鉄道のまくら木や空沼小屋の木材のように防腐剤がぬられている例はありますが,ヘルベチアのまさには本来はその必要はありません(テラスや露出部の丸太は別).古い小屋の風味を出すためにわざわざ褐色に塗布されていたものを防腐剤のことと勘違いしたのでしょうか?しかも,全体に塗布するならまだしも,下半分だけ,という中途半端なままで放置されたのです.

昨年秋には,こうして醜い姿となったヘルベチアを元にもどすべく,防腐剤を塗った部分にまさを上から新しく貼り付ける作業が行われたのですが,これもまさの不足ですべてを覆うには至らず,結果として,防腐剤が塗布された部分,真新しいまさを上貼りした部分,そして本来の褐色塗料が塗られているまさの部分,という三色まだら模様になって,さらに醜さを増す結果となってしまったのです(山の会会報の写真参照).

GWには,山の会会長らの手によって,昨秋に上貼りされたまさをはがすことと,防腐剤を灯油で洗い落とす作業が行われ,7月上旬には業者によって本格的な修復作業が行われ,現在では左の写真にあるような姿まで回復いたしました.今後も小屋を現地で末長く維持していくため,みなさまのご協力とご援助をお願いいたします.

空沼小屋 2001.5.13撮影
小屋開きに来た現役によって,防腐剤が塗られていた.まだ乾いていなかったので,外壁に触ると手が真っ黒になった.

やはりあの森の中のロケーションにあって、ヘルベチアの存在感があるのだということを再確認することができました。 すてきなピクニックでした。小屋の外装もきれいになってこれからみんなも泊まりに来てくれることでしょう。
2001.8.26. 高篠 和憲 会員

  • コメント (0)

新しくコメントをつける
題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
 
コメント一覧
 
 
 
Copyright © 1996-2021 Academic Alpine Club of Hokkaido