ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
最新のエントリ
最近のコメント
  • 21年03月22日
    Re: 【中部日高】ナナシ沢1823m峰南面直登沢→コイボクシュシビチャリ川...北陵高校山岳部OB
  • 17年01月29日
    Re: これまでの部報紹介・3号(1931)上/(米山悟1984年入部)...佐々木惠彦
  • 16年12月17日
    Re: ペテガリ冬季初登・72年前の今村さんのゲートル  米山悟(1984年入部)...やまね
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...米山
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...さわがき
  • 16年07月04日
    Re: 医学部戦没同窓生追悼式のご案内...AACH
  • 16年06月17日
    Re: 道新に今村昌耕会員の記事...AACH
  • 15年12月22日
    Re: おくやみ・谷口けい 米山悟(1984年入部)やま...すぎやま もちやす
  • 14年12月09日
    Re: 【書評】アルピニズムと死 山野井泰史 2014.11(米山悟1984年入部)...まっちゃん
  • 14年10月25日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...米山

現役の計画・ 2009年8月5日 (水)

【中部日高】2009年度沢メイン2年班計画
【年月日】2009年8月5−16(7−5)
【メンバー】L:田中宏(4 AL:小池(3 M:鹿島(2
【ルート】サッシビチャリ川1839峰南面直登沢〜ヤオロマップ〜ぺテガリ西沢
〜ペテガリ岳〜キムクシュベツ沢
<時間とルート>
1日目 サッシビチャリ川林道終点(5h)1839峰南面直登沢出合
 サッシビチャリ川左岸林道をつめて、入渓。1839峰南面直登沢出合までに大きな函が2箇所あるが、中を行くか、捲ける。1839峰南面直登沢出合でC1。

2日目C1(10h)1839峰=C2
 出合からはCo700まで河原と函状。Co700二股の右股に入ると滑滝で、右岸捲いてabしている記録がある。その後は大きな函となり、崩壊した岩に埋められているが、長く雪渓がかかっていることもある。Co1000付近の大滝は、直登の記録、岩尾根を登って落ち口に出ている記録がある。ここから上も小滝が連続し、いくつかは手強く、滝の落ち口付近の上部でチムニー登りをする滝は少し詰まっている記録がいくつかある。急な草付をつめて1839峰と前衛峰とのコルを経て1839峰へ。1839峰でC2。

3日目C2(2.5h)ヤオロマップ岳(7h)西沢出合=C3
 踏み後を辿り、ヤオロマップ岳を経由して・1569まで。そこからサッシビチャリ川に下降する。小滝や段差を下って西沢出合まで行き、C3。

4日目C3(10h)ペテガリ岳=C4 
 西沢は出合からCo900付近まで函状の地形。小滝や段差が出てくるが、直登、ショルダー、捲いたりして対処。Co850に大滝。左岸のルンゼを使って左岸を登ったり、右岸登っている記録もある。Co880付近は雪渓が残っている記録もあるが、後は滑滝が連続し、少し藪を漕いでペテガリ岳まで。ピークでC4。Co1020二股付近も泊まれそうなので、状況を見てそこに泊まるかも。

5日目 C4(1h)キムクシュベツ沢Bカール(2h)Co722三股=C5 
 移動日。ペテガリからBカールへ下る。カールからCo722三股までは滑滝が連続し、捲き、cd.、abで対処。三股を切り開いてC5。

6日目C5 (10h)歴舟川本流=C6 
 三股からは大きな函が8つある。8の函付近・ルベツネ東面直登沢出合には雪渓が残っている記録が多い。また、5の函と4の函の間の瀞にも雪渓がかかっている記録がある。泳いで歴舟川本流出合へ。出合でC6。

7日目 C5(2.5h)林道終点(2h)最終人家
 歴舟川からは、函と河原を歩いて右岸を走る林道に乗り、最終人家まで。

<進め方>
高気圧圏内・へりは動ける。寒気入るとガスることも。雨が降り続くのは最大で2日。サッシビチャリ川、キムクシュベツ沢の減水待ちはいずれも1日。Esc.はペテガリ西尾根(3h)ペテガリ山荘(2.5h)神威山荘(7h)最終人家。キムクシュが下れない場合や、サッシビチャリ川からのesc.の際に使う。2日目の天気を読んで入山する。
1839峰南面直登へは2日分の食料を持ち、残りは39南面出合にデポする。また、Lのザックをデポし、LはサブザックとAt.装備で行く。1839峰南面直登上部の小滝はRFを慎重にしていく。また時間がある場合は、2日目のテン場をヤオロマップ岳まで伸ばす可能性がある。キムクシュへは三股から1.5日以上晴れる天気で下る。ペテガリピークで下降の判断をし、雨が続きそうな場合は、西尾根に少し降ろしてstayするかも。テン場着15:30、最終下山16:00。

<パーティー>
2年班沢メイン。慎重に、かつスピーディーに行く。
Ls:RF 雪渓・天気・M判断 登攀力 スピード
M:緊張感 口出し 登攀力

<装備>
ザイル8.5mm×50m、お助け紐、ツェルト×2、のこ×2、鍋、茶食器、無線、蚊取線香、ラジオ、薬品 他バイル・ハーケン含む沢個人装備

<準備山行>
足慣らし山行 珊内〜屏風沢(1−0) :L不在
1回目 トヨニ右股南峰沢〜トヨニ左股(2−0)
:嫌らしい雪渓の対処、大滝の処理
2回目 オコツナイ川〜小田西川(2−0)
:沢に対しての総合的な判断・対処、水・泥などのいやらしい所の突破、体力確認、長時間行動
3回目 ポントナシベツ川南喜岳東面直登沢(3−0)
:大滝の処理、厳しい沢に対する的確な対処
  • コメント (0)

新しくコメントをつける
題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
 
コメント一覧
 
 
 
Copyright © 1996-2021 Academic Alpine Club of Hokkaido