ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
最新のエントリ
最近のコメント
  • 21年03月22日
    Re: 【中部日高】ナナシ沢1823m峰南面直登沢→コイボクシュシビチャリ川...北陵高校山岳部OB
  • 17年01月29日
    Re: これまでの部報紹介・3号(1931)上/(米山悟1984年入部)...佐々木惠彦
  • 16年12月17日
    Re: ペテガリ冬季初登・72年前の今村さんのゲートル  米山悟(1984年入部)...やまね
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...米山
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...さわがき
  • 16年07月04日
    Re: 医学部戦没同窓生追悼式のご案内...AACH
  • 16年06月17日
    Re: 道新に今村昌耕会員の記事...AACH
  • 15年12月22日
    Re: おくやみ・谷口けい 米山悟(1984年入部)やま...すぎやま もちやす
  • 14年12月09日
    Re: 【書評】アルピニズムと死 山野井泰史 2014.11(米山悟1984年入部)...まっちゃん
  • 14年10月25日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...米山

記事・消息・ 2015年2月3日 (火)

関西支部新年宴会開催 2015年1月24日(土)
京都駅前セントノーム京都にて

高橋支部長の乾杯発声で午後2時プンクトに開始。初見参の若い人達からまずは自己紹介。しかし2006年とか08年入部と言われても、1950-60年代組にとっては世代をどうずらせても交差比較するものがなく、田中(宏)君と鹿島君の話をただ一から十までフ−ンと聞く。ご出席の相田さんと鹿島君とは50年離れているのだそうだ。フ−ン。
その点関西支部デビューの川井さんは何とな1960年代の残渣があり、スピッツベルゲンやフェゴ島での調査話は、停滞の日のテントの中で聞くようなフ−ンだった。

今回も1名、開催日を失念されていたがそれでも40分遅れで登場。皆様方は笑顔で歓迎。川道さんが、上梓ほやほやの自著「ムササビ」(なんとハードカバーで販価も印刷されているヤツ)を出席者全員に配ったのは15年のサプライズお年玉。トビラに川道さんのサインをもらった一人は、これで高く売れるとさすが関西人というべきかAACH出身者というべきか。

その後はまとまり無く雑談が続き、気が付いたら肩を組んで都ぞ弥生を歌う時間になっていた。午後4時過ぎ散会。それにしても私が今までに会った山岳部出身の若者達は、一様にすがすがしい。数日後の高橋支部長のメールに曰く、若者が来ると倍は楽しい、と。(記と写真:岸本)


出席者14名(敬称略、数字は西暦入部年)
相田58、神戸、高橋(昭)、内藤、渡辺(尚)以上59、伏見61、川道、須田以上62、岸本65、川井74、宮本82、岡島83、田中(宏)06、鹿島08


  • コメント (0)

新しくコメントをつける
題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
 
コメント一覧
 
 
 
Copyright © 1996-2021 Academic Alpine Club of Hokkaido