ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
最新のエントリ
最近のコメント
  • 17年01月29日
    Re: これまでの部報紹介・3号(1931)上/(米山悟1984年入部)...佐々木惠彦
  • 16年12月17日
    Re: ペテガリ冬季初登・72年前の今村さんのゲートル  米山悟(1984年入部)...やまね
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...米山
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...さわがき
  • 16年07月04日
    Re: 医学部戦没同窓生追悼式のご案内...AACH
  • 16年06月17日
    Re: 道新に今村昌耕会員の記事...AACH
  • 15年12月22日
    Re: おくやみ・谷口けい 米山悟(1984年入部)やま...すぎやま もちやす
  • 14年12月09日
    Re: 【書評】アルピニズムと死 山野井泰史 2014.11(米山悟1984年入部)...まっちゃん
  • 14年10月25日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...米山
  • 14年10月23日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...GG

OBの山行記録・ 2006年2月19日 (日)

東北・西吾妻山(大沢下り)スキー山行
西吾妻山(2035m)

●2006年2月19日(日) (1ー0)
【ルート】
天元台リフト終点→稜線→西吾妻山→中大巓(南西側を巻く)→藤十郎(南側を巻く)→明月荘→大沢駅
【メンバ】
L:山森聡(86入部)、M:石川守(87入部)
【行程】
2月19日(日)(快晴)天元台リフト終点(1000)→稜線(1015)→西吾妻山(1050-1100)→中大巓と藤十郎のコル(1200)→明月荘(1320)→Co1820m下降点(1330)→Co1300m砂盛を巻く林道(1450)→Co670m牧場の下(15:30)→大沢駅(16:10)

【記録】
東北・蔵王山スキー山行で述べた通り、デジカメ故障により、「写ルンです」を購入し対応したが、うまく撮れているか不明。
写真と記録は、現像し、スキャナ取り込みしてのアップになりますので、少々時間を下さい。
取り急ぎ概要のみ報告(後日差し替えします)。

スカッ晴れのいい天気で、風もない。天元台〜西吾妻山〜大沢駅までの
全長20kmにも及ぶ、充実したスキー山行を、計画通り実施できました。
飯豊連峰、朝日連峰、月山、蔵王連峰を眺めながらの気持ちが良い
ツアーでした。駅までスキーというのも良かった。

米沢駅805発の始発バスには、鶴岡からきたという単独行のスキーヤーと、地元のスノーボーダ2名が乗っており、いずれも我々と同じ大沢下りの計画とのこと。ただ我々は、反対方向の西吾妻山(吾妻連峰最高峰)アタックをしてから大沢下りへ向かうので、一番最後の到着となりそうだ。途中のバス停からも何人か山スキーヤーが乗ってくる。山スキー専用バスという感じだ。

大沢駅は1329の次は、1640まで、上り/下りとも停車電車はない。我々が1600頃、駅に到着すると行きのバスで一緒だった人達がいない。無事下山したのか心配していると、駅に現れた。駅のちょっと上のリフトのない大沢スキー場の小屋で、ストーブにあたりながら歓談していたという。おばさんがいてビールや小料理を注文でき、電車の時間までくつろげるサロンのような場所だという。少々林道から外れた場所にあるそうで、我々はその小屋には気づかなかった。1640発の米沢行の電車の乗客は、朝のバスと同じような顔ぶれだ。山スキー専用電車という感じだ。

米沢からは1654発のつばさ124号に乗車し、東京駅1904着。新幹線は早くて楽ちんだ。
今回の山行では、JR東日本の「土・日きっぷ」というのを活用した。18000円で、かなりの広範囲の区間が新幹線も含めて2日間乗り放題で、指定席も4回まで利用可能。ちょっと遠い場所へのスキー山行には便利な切符だ。
(文責:山森 聡)
  • コメント (2)

新しくコメントをつける
題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
 
コメント一覧
やんけ   投稿日時 2006-2-22 13:34
八甲田といわず、もう少しだけ南下してくださいよー。この切符では酒田,新庄,仙台までしかとどきませんので・・・。
米山   投稿日時 2006-2-21 23:09
そのコース、じじいとたいぞうとで20年前に行ったー。小さな駅に出る、良いコースだった。東京からの東北山行は、新幹線があるから意外や便利だね。八甲田あたりまで来てくれれば、函館からも週末山行で合流出来そうだけどな〜。これからのシーズンは週間天気図とにらめっこだ。
 
 
 
Copyright © 1996-2019 Academic Alpine Club of Hokkaido