ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
最新のエントリ
最近のコメント
  • 21年03月22日
    Re: 【中部日高】ナナシ沢1823m峰南面直登沢→コイボクシュシビチャリ川...北陵高校山岳部OB
  • 17年01月29日
    Re: これまでの部報紹介・3号(1931)上/(米山悟1984年入部)...佐々木惠彦
  • 16年12月17日
    Re: ペテガリ冬季初登・72年前の今村さんのゲートル  米山悟(1984年入部)...やまね
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...米山
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...さわがき
  • 16年07月04日
    Re: 医学部戦没同窓生追悼式のご案内...AACH
  • 16年06月17日
    Re: 道新に今村昌耕会員の記事...AACH
  • 15年12月22日
    Re: おくやみ・谷口けい 米山悟(1984年入部)やま...すぎやま もちやす
  • 14年12月09日
    Re: 【書評】アルピニズムと死 山野井泰史 2014.11(米山悟1984年入部)...まっちゃん
  • 14年10月25日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...米山

One Day Hike・ 2007年1月4日 (木)

第55回OneDay里山Hike 御岳ー大岳山の報告

image

平成18年10月21日
参加者:大井、石本、大村、浜名、木村
    東京支部岳友:佐藤、二人



コース
東京支部編「関東山地日帰り縦走36ルート集」No.12による

その日のこと
十月二十一日集合場所の御岳駅には、東京支部の浜名幹事が珍しく新聞記者クラブ
の友人二人を連れて現れ、大井、石本、大村、常連の佐藤と合わせて八人となる。初
参加の記者クラブの二人は参加が定着したらその名を明かすことにする。
前回このルートへは大雨の中、坂野君と二人だけで頂上から古野駅へ逃げ降ったのだ
が、今回は眺望は優れないものの雨はなく計画の縦走ルートを完成できた。ただし、小
生Yashiは下り後半で足が棒になりヒラヒラになる寸前。
この夏トッタベツのカールにケルンを積みに行った大村君の話でBカールに神谷君の記
念のスプーンを矢野君が埋めてくれたことを知る。矢野君の話ではカールには大石が転
がっていてケルンを積む必要はなかったそうである。五十三年前の一月、ピパイロ岳へ
の前進キャンプを張った折には転石は気にならなかったので、この辺りでも積雪はかなり
のものかと再認識した次第。
ところで白倉バス停に降り着き、バスは待たずタクシーで武蔵五日市へ。浮いた時間は
有効にとやら、近くで一杯となる。記者クラブの二人は流石に巷の話題が豊富。新しい顔
ぶれが入りマンネリ解消の一日となる。
少々バテても裏話は未だ続く。

image




  • コメント (0)

新しくコメントをつける
題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
 
コメント一覧
 
 
 
Copyright © 1996-2022 Academic Alpine Club of Hokkaido