ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
最新のエントリ
最近のコメント
  • 17年01月29日
    Re: これまでの部報紹介・3号(1931)上/(米山悟1984年入部)...佐々木惠彦
  • 16年12月17日
    Re: ペテガリ冬季初登・72年前の今村さんのゲートル  米山悟(1984年入部)...やまね
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...米山
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...さわがき
  • 16年07月04日
    Re: 医学部戦没同窓生追悼式のご案内...AACH
  • 16年06月17日
    Re: 道新に今村昌耕会員の記事...AACH
  • 15年12月22日
    Re: おくやみ・谷口けい 米山悟(1984年入部)やま...すぎやま もちやす
  • 14年12月09日
    Re: 【書評】アルピニズムと死 山野井泰史 2014.11(米山悟1984年入部)...まっちゃん
  • 14年10月25日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...米山
  • 14年10月23日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...GG

One Day Hike・ 2009年2月11日 (水)

第65回OneDay里山Hike 高取山の報告
第65回OneDay里山Hike 高取山の報告

平成19年8月18日

参加者:坂野、石村夫妻、滝沢、大森、渡辺(ダン吉)、石本、大村、山崎、佐藤、木村



高取山頂上

コース
小田急線、伊勢原駅から栗原行きのバスにて比々多(ひびた)神社を過ぎ終点で下車。
舗装された道が聖峰まで続く。整備された少々急な一本道を行き五五六.三メートルの三角が高取山の頂上である。下り道は三本あるが、三〇〇メートルほど真北に進んでから東に折れて栗原に戻る道は快適である。

その日のこと
平成十九年八月十八日。
一昨日は多治見市と熊谷市で四〇.九度になり、七十四年ぶりに日本列島の最高気温が塗りかえられた。連日の猛暑だったがこの日はどうしたことか気温は十度近くも低かった。しかも総勢十一人。久々の大人数。だがバスはこれで貸切り状態。坂野、石村夫妻、滝沢、大森、渡辺(ダン吉)、石本、大村、山崎、佐藤に小生と錚々たる面々。話題も札幌の大先輩の消息、東京支部の日頃顔を合わせない人達の噂から、カイラス山へリベンジを企てる大森君、ZOOKINワインがかなりの量に達しサンプル持参の石村君の話など多岐に渡り、ここで述べきれるものではない。

ともあれ、思いのほか快適だったコースを満喫した次第。裏話は(25)へと進む。

所要時間 四時間二十分
正味歩行 三時間半


途中の聖峯から関東平野を見下ろす。雷雲は無事通過した模様

  • コメント (0)

新しくコメントをつける
題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
 
コメント一覧
 
 
 
Copyright © 1996-2019 Academic Alpine Club of Hokkaido