ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
最新のエントリ
最近のコメント
  • 17年01月29日
    Re: これまでの部報紹介・3号(1931)上/(米山悟1984年入部)...佐々木惠彦
  • 16年12月17日
    Re: ペテガリ冬季初登・72年前の今村さんのゲートル  米山悟(1984年入部)...やまね
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...米山
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...さわがき
  • 16年07月04日
    Re: 医学部戦没同窓生追悼式のご案内...AACH
  • 16年06月17日
    Re: 道新に今村昌耕会員の記事...AACH
  • 15年12月22日
    Re: おくやみ・谷口けい 米山悟(1984年入部)やま...すぎやま もちやす
  • 14年12月09日
    Re: 【書評】アルピニズムと死 山野井泰史 2014.11(米山悟1984年入部)...まっちゃん
  • 14年10月25日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...米山
  • 14年10月23日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...GG

One Day Hike・ 2009年2月11日 (水)

第76回OneDay里山Hike 金比羅山の報告
第76回OneDay里山Hike 金比羅山の報告

平成21年1月10日

参加者:石村夫妻、大井、渡辺、石本、佐々木(正)、山森、佐藤、尾白、木村


金比羅山へ。緩いのぼりだが、尾根では季節特有の強風に
煽られて、どんどん歩く。

コース
東飯能駅前バス停から名郷又は湯ノ沢行きにて、やすらぎの湯で下車。向かい側の墓地の脇が登山口になる。標識は小さく不明瞭だがここからは一本道。林間の緩い登りが続く。頂上は扁平で標識なるものもない。平らな頂上を過ぎ七百十七メートルの隆起を過ぎた辺りから南に下る踏み跡を行けば名栗湖の頭に下り着く。しかし、傾斜はかなり急で岩も混じり、トラ縄の手すりなどの設置もある。

その日のこと
一月十日、今年最初のハイクは年末に引き続き、特有の冬型の気象。よく晴れたが尾根では相当の強風に煽られた。雪も薄く積もり、少々寒かったけれど快適な歩きができた。但し金比羅山の頂上は余りにも平だったせいもあって。気ずかずに通り過ぎてしまった次第。失敗だったとは誰一人口にも出さず強風と急峻な下りを堪能して名栗湖の湖面レベルまで一気に下りついた。一行は石村夫妻、大井、渡辺、石本、佐々木(正)、山森、会友の佐藤、尾白に小生を合わせて十名。今年は春から賑やかで縁起がいいぜ!といったところ。「裏ばなし」は(37)。

所要時間:五時間四十分 (駅から駅まで)
正味歩行 三時間五十分


頂上が余りにも扁平で見逃して、沢の隆起から降る。
岩混じりで急峻。結構な山歩きの一日となった。

  • コメント (0)

新しくコメントをつける
題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
 
コメント一覧
 
 
 
Copyright © 1996-2019 Academic Alpine Club of Hokkaido