ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
最新のエントリ
最近のコメント
  • 17年01月29日
    Re: これまでの部報紹介・3号(1931)上/(米山悟1984年入部)...佐々木惠彦
  • 16年12月17日
    Re: ペテガリ冬季初登・72年前の今村さんのゲートル  米山悟(1984年入部)...やまね
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...米山
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...さわがき
  • 16年07月04日
    Re: 医学部戦没同窓生追悼式のご案内...AACH
  • 16年06月17日
    Re: 道新に今村昌耕会員の記事...AACH
  • 15年12月22日
    Re: おくやみ・谷口けい 米山悟(1984年入部)やま...すぎやま もちやす
  • 14年12月09日
    Re: 【書評】アルピニズムと死 山野井泰史 2014.11(米山悟1984年入部)...まっちゃん
  • 14年10月25日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...米山
  • 14年10月23日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...GG

現役の計画・ 2010年12月26日 (日)

【2010年度冬メイン計画・道北】岩尾内湖→柵留山→藻瀬狩山→渚滑岳→馬背山→天塩岳→ポンテシオ湖
【年月日】2010/12/29-2011/1/8 (7-4) 
【メンバー】L小池(4 AL鹿島(3 M2井村(3 井ノ上(2 M1岩田 窪田 高橋 田中翔(1
地図でのルート表示
http://www.yamareco.com/modules/yr_plan/showmap.php?plid=9886&mode=yahoo
<時間とルート>
1日目 岩尾内湖(2h)中の沢出合=C1
岩尾内ダムから入山。中の沢出合まで林道を行く。中の沢はCo480まで林道がある。

2日目 C1(3,5h)Co624北コル(1,5h)柵留山(1h)Co624北コル=C2
林道を進み、数回SB渡渉を繰り返して稜線に上がる。どこからでも上がれる。・624北コルに夏天を張り、柵留山(さっくるやま)アタック。・624北コルでC2。

3日目 C2(3,5h)藻瀬狩山(2h)Co925南コル=C3
稜線を行き藻瀬狩山まで。木は生えている。途中藻瀬狩川源頭に細い所あり。そこから・925まで行きC3.

4日目 C3(3,5h)・1094(1,5h)渚滑岳(1h)・1094=C4
・1276は上部の平らなところだけ白く、他は太いカンバが生えている。渚滑岳はCo1220までカンバが生えていて、それより上は白い。・1094はタンネが少ないので選んでC4。

5日目 C4(4h)馬背山(2,5h)天塩岳ヒュッテ=C5
C4からは・1276をねぐるように稜上に上がる。馬背山まではカンバの疎林。天気が良い場合は馬背山手前にザックをデポしてアタック。ピーク手前は細い。そこからは・1200ポコから派生する尾根を使い、左股沢の「股」の字に降りる。あとはヒュッテまで行きC5。

6日目 C5(4,5h)天塩岳(3h)C5=C6
夏道の走る尾根の末端から取り付く。樹林限界はCo1300。Co1400台地に2本、肩に3本それぞれ止めデポを打つ。稜上近くでシーデポしてピークまで。帰りは来た道。

7日目 C6(4h)ポンテシオ湖(4h)最終人家
ヒュッテから林道を行き、最終人家まで。最終人家は道道を出て北に進んだところにある。ポンテシオ湖からは週1ほどで除雪が入っている。


<進め方>
天気傾向は2日悪くてその後視界2-300程度になる周期。冬型の緩み、高気圧の通過で晴れ。札幌の天気傾向に似ている。
C3までは全天でいける。C3-C4間は上部のみ白く、よほどのことがない限り視界がなくても進めることができる。渚滑岳は視界2-300。C4-C5間は視界2-300持つ天気が必要で風は気にならない程度。天塩アタックの視界は2-300持つ天気。Co1400台地と稜上にそれぞれ止めデポ。全体的に風は気にならない程度。
停滞の使い方はC4-C5間に2日、天塩アタックに2日。C4まで停滞を使う場合は随時判断する。
天場着15時、最終下山16時。


<パーティ>2010年度冬メイン。
Ls:判断全般、Mを見る。
M2:前を行く。口出し。
M1:生活・行動技術。体力。


<装備>
夏テン2 鍋2 茶食器2、DF2、灯油(110ml×人数分×10日分)スキー修理具、無線、デポ旗(現地製作)、ツェルト2、魔法瓶他スキー・ストック・EP含む冬山個人装備

<準備山行>
1回目:旭岳Co1560引き返し(11/6-7) *M1窪田、田中不参加
1,5回目:三段山Co1560引き返し(11/14)  窪田の補山行。*M2井村、井ノ上、M1田中不参加
2回目:有明・天狗岳At(11/20-21) *M2井ノ上不参加
3回目:余市岳Co1250引き返し(12/4-5) 
4回目:ベベルイ〜原始が原〜前富良野岳〜南尾根(12/19-20) *M1高橋不参加

<記録>
1) 部報14号 p264:H8/12/29-H9/1/5:上紋峠⇔藻瀬狩山→渚滑岳→馬背山→天塩岳→ポンテシオ:M×3
2) 部報14号 p262:H4/12/27-H5/1/2:柵留山→藻瀬狩山→渚滑岳→馬背山→天塩岳→岩尾内温泉:M×5
3) 部報13号 p44:S59/1/1-1/7:柵留山→藻瀬狩山→渚滑岳→馬背山→天塩岳→ポンテシオ:M×3
4) 部報12号 p30:S48/12/25-12/29:士別→岩尾別→藻瀬狩山→渚滑岳→天塩岳→天幕:M×4
  • コメント (0)

新しくコメントをつける
題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
 
コメント一覧
 
 
 
Copyright © 1996-2019 Academic Alpine Club of Hokkaido