ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
最新のエントリ
最近のコメント
  • 17年01月29日
    Re: これまでの部報紹介・3号(1931)上/(米山悟1984年入部)...佐々木惠彦
  • 16年12月17日
    Re: ペテガリ冬季初登・72年前の今村さんのゲートル  米山悟(1984年入部)...やまね
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...米山
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...さわがき
  • 16年07月04日
    Re: 医学部戦没同窓生追悼式のご案内...AACH
  • 16年06月17日
    Re: 道新に今村昌耕会員の記事...AACH
  • 15年12月22日
    Re: おくやみ・谷口けい 米山悟(1984年入部)やま...すぎやま もちやす
  • 14年12月09日
    Re: 【書評】アルピニズムと死 山野井泰史 2014.11(米山悟1984年入部)...まっちゃん
  • 14年10月25日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...米山
  • 14年10月23日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...GG

OBの山行記録・ 2006年1月30日 (月)

山行報告・道北・三頭山(1009m)/(米山)

image

手前の尾根から三頭山


●2006年1月
【ルート】
政和温泉→尾根往復
【メンバ】
米山悟(84)、斉藤清克(87)
1月29日
政和温泉(8:50)→山頂(13:45-14:10)→政和温泉(16:20)

登り残し未踏峰シリーズで、三頭山登りました。広々して良い山域です。
【記 録】
和寒インター経由で幌加内の政和温泉へ。寒々と冷え込んだ道北の小さな盆地だ。盆地の向かい側は北大の演習林でノムラさんがいるかもしれない。手持ちの昔の五万図には深名線がまだ走っていて、三頭山には夏道記号も無い。温泉の駐車場に停めて一線川右岸尾根を末端から出発。

標高差は800だが、三頭山の前山の尾根を長く登るルート取りなので、なかなか近づかない。尾根はゆるやかで木の生え具合もちょうど良い。雪は新雪ラッセル10センチほどで晴れ。風もない。気温は氷点下7〜8度で、これまたちょうど良い。エゾマツもハルニレもダケカンバも、時折直径1m前後の太いやつが生えていて感激する。エゾマツの枝振りが見事で、良い間隔に生えている。こういう山のスキーは快調なのだ。


image

640ポコから小平蘂山方面



途中640のポコが二つあり、その辺が細くなっていて進みづらいが、その二つを超えると急な大斜面になる。標高800mに北電の電波反射板のようなものが建っていて景観を壊している。


image

山頂の二人


山頂部は頭が二つ三つあるので視界がないと戻りがきついかも。山頂からは日本海が見えた。北の方へのびるこの山脈の延長には、1000mこそ切るものの白く堂々とした連山がつながる。釜尻山、小平蘂山(オビラシベ)など風格がある。厳冬期の現役メインの縦走に良いと思う。ピッシリが霞のかなたに。

image

山頂から滑降


山頂から標高差400の白い急斜面は最高だ。登山靴の靴ひもをぎゅぎゅっと締めて一気に滑り降りた。フワフワの上ナダレる気配無し、大胆なターンをしてバランスを崩しても雪が深いので転ばない。ちょん切らずに連続で降りたので膝の上筋がつってしまった。

image

新雪の滑降


登り返しのポコもうまいこと巻いたりして通り抜け、下りは予想以上にシールを付けずに済んだ。温泉めがけて滑り降りる期待していなかった最後の斜面もオマケとして楽しんだ。

image

山頂から小平蘂山


20年前、ピッシリの入山は深名線の蕗ノ台駅で、ホームからラッセルを始めた。鉄道入山した時代の豊かさを今になって知る。高速道路で行くのは確かに便利だけれど。

政和温泉(500円)→深川駅前菊屋でカツ丼→札幌ー(夜行バス)→函館で帰る。寿司屋のカツ丼は凄くうまかった。肉、コロモ、タマゴ、飯、量も申し分なし。札幌ではバスセンターに近いディックの部屋で南極映像を見たり昭和基地の話など聞きながら23:55のバスまでやっかいになった。
  • コメント (0)

新しくコメントをつける
題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
 
コメント一覧
 
 
 
Copyright © 1996-2019 Academic Alpine Club of Hokkaido