ログイン   :: お問い合せ :: サイトマップ :: 新着情報 :: おしらせ :: 
 
 
メニュー
最新のエントリ
最近のコメント
  • 17年01月29日
    Re: これまでの部報紹介・3号(1931)上/(米山悟1984年入部)...佐々木惠彦
  • 16年12月17日
    Re: ペテガリ冬季初登・72年前の今村さんのゲートル  米山悟(1984年入部)...やまね
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...米山
  • 16年07月28日
    Re: 暮しの手帖96 特集戦争中の暮しの記録 1968 うちにありました...さわがき
  • 16年07月04日
    Re: 医学部戦没同窓生追悼式のご案内...AACH
  • 16年06月17日
    Re: 道新に今村昌耕会員の記事...AACH
  • 15年12月22日
    Re: おくやみ・谷口けい 米山悟(1984年入部)やま...すぎやま もちやす
  • 14年12月09日
    Re: 【書評】アルピニズムと死 山野井泰史 2014.11(米山悟1984年入部)...まっちゃん
  • 14年10月25日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...米山
  • 14年10月23日
    Re: 【読書感想】七帝柔道記 米山悟(1984年入部)...GG

記事・消息・ 2016年11月6日 (日)

第89回ヘルヴェチア祭り 蘯帖]揃(1972入部)
10/22(土)OBは峠越え7名、車で4名、翌朝2名。現役は16名(うち自転車3名)で、計29名。
参加去年より1週早くしたのに雪景色。峠越えは10儖幣綫僂發辰討い燭箸。17時主任幹事の「雨をもたらしたヴェチアの女神さんに乾杯!」の音頭でスタート。



終始小雨にもめげず焚火を囲み現役手作りの料理と酒を美味しく頂く。昨年少なめだった反省から予算を3割ほどプラスして豪華メニュ―。これには今村大先輩からの資金カンパと、空沼小屋の薪運びの際、現役が万計山荘裏から小屋まで手伝ってくれたので、その経費として私もカンパして昨年より参加費は1,000円少ない3,000円となり満足。


安間さん(空沼小屋保存会長)のほぼ修復完了報告や今後の管理についての話あり。現役からは回数などの負担が多くなければ、管理できなくもないとの答え。行けない時にはOBも応援する体制をつくればという意見が出た。山の会会員へのお披露目は7月総会の翌日が良いが寄付者や関係者にも改めて案内すべきという意見が出て、保存会でプランを練るいう事に。

夜更けて現役紹介や山の歌や寮歌も歌う。酒と肴と会話で相変わらずのパターンであるが楽しい現役と交流の宴であった。

翌日は雨も止んで日も差し、前日に引き続き小屋とトイレの外壁、階段や手摺を防腐塗装。


小屋の中は大掃除とワックスがけ。トイレ屋根の修繕と薪割りも終了したが煙突掃除はできずで現役に近いうちにやってもらうことに。


昨年の朝食は素うどんのみでがっかりだったが、今回は具だくさん。


8時には西夫婦がパンとサラダとコーヒーを持って現れ、さらに腹を満たせてくれた。


峠越えが今回7名もいたので帰りの車が窮屈かと思ったが、前田さんが「歩いてきた者が帰りに車を期待しては何事。帰りも歩くぞ!」との掛け声で何人かは峠越え。私は安間さんを空沼小屋まで車で案内。意外と雪なく万計小屋裏まで簡単に行けた。来年はヴェチアも90年。85周年では盛大なイベントがあったが、皆の心に残る祭りになればと願っている。

  • コメント (0)

新しくコメントをつける
題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ
 
コメント一覧
 
 
 
Copyright © 1996-2019 Academic Alpine Club of Hokkaido